FC2ブログ

次から次とトラブルが発生

CB750FOUR、試乗結果はまずまずOK。

月火と会社が休みなので今日はブレーキパッドの鳴きをなおすか。

その前に気になっていたプラグの焼け具合を確認。


18mmプラグレンチが無い。

買っておくんだった。

しかたなく車載工具を使用。

プラグレンチ

1・3・4番はすんなり外れたけど2番プラグが渋い。

指が疲れる!

どうにかこうにか取り外し。

プラグ外し


ついているプラグはイリジウム。

プラグ

焼け具合は真っ黒。

ガスが濃いんだろうね。

焼け具合

試乗直後2000~3000回転からスロットルを1/4ほど開けると息つき発生。

このときのエアースクリューは全閉から90~180度。

最終的には全閉から270度で解決。

マニュアルを見たら全閉から1回転(360度)の前後1/4回転が許容範囲とのこと。

ということはギリギリOKかな、でもあと90度開ければもっといいかも。

エアースクリューを開ければ薄くなるなると思うけど、なんで息つきしてる状態から開けて治ったんでしょ?

ジェットニードルの高さとの関連か。

以前の状態は低回転で薄く、中高回転では濃いってことか。

いままでの燃費はリッター20キロ。

自分でもびっくりするような高燃費。

これでプラグが真っ黒ってどうなってんでしょ。

まぁ~結果オーライで良しとしますか。


プラグをウエスで拭いて取り付け。

プラグ取り付け

むりやりドライバーを穴につっこんで回したら曲がった。

やっぱりレンチを準備しなくは。

ドライバー



次は本題のブレーキパッドの取り外し。

キャリパ外し

今時考えられないような取り付け構造。

当時は最先端だったんでしょうね。


ピストン側が錆びてる。

キャリパ

こちらは受け(ホイール側のパッド。

まだ溝がかなりあります。

パット


ピストン側のパッド。

かなりきてますねぇ~。

パッド


左がいままでの、右が新品。

新品は面取りしてます、これで鳴きとおさらばか。

パッド比較


プライヤーでピストンを回したら渋い。

固着気味かな。

ピストンをぐるぐる回してなじませればこのままいけるかも。

ピストン

そして組み付けたらフロントタイヤが動かない。

キャリパからピストンが出たままで固着か。

こりゃぁ~キャリパをOHだね。


さていつやるか、今日は天気が良すぎる?ので後日。

このまま放置。

放置

ぶらっと鳥海山にでも行ってみますか。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

もしかしてエアスクリューでなくてパイロットスクリューでは!?
エアスクリューは緩めると薄くなります。
パイロットスクリューは逆に緩めると濃くなります。

キャリパOH、予備欲しいですね。

当方のパッドは4万キロ位持つのですが、
CBも相当持ちそうですね。

鳴き防止で、あんな角度でたっぷり面取りしてあるんですね。
次回交換時、参考にしてみます。

車検後って事でしたので、フルード量が多くて
新品パッド分戻らない、なんて事は無いでしょうか。
だとしたらリザーバーから溢れて戻りますね。
やっぱり固着でしょうか。

No title

CB750fourはエアースクリューですね、ピストンからエアクリーナ側についているし。
パイロットは燃料の量を調整するんでこちらのほうが楽ですね。
車(キャブ車)だとアイドルアジャストスクリューってパイロットと同じ感じ、COHCメーターがあれば調整しやすんだけど。
車感覚で考えるんでややこしくなりますよ、加速ポンプ付のTMRがいいかも。

ブレーキキャリパは早起きしてOHしてみます。
プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR