FC2ブログ

台湾料理店「味仙」

台湾料理店「味仙」。

行ったのは名古屋駅店(柳橋)。

台湾ラーメン何故名古屋に?

1970年代に台湾人店主の郭明優が台南名物の担つー麺を元に賄い料理として作ったのが起源とのこと。

いろいろ調べてみると面白いエピソードが沢山、なかなか興味深い内容でした。

味仙看板


味仙店内

味仙メニュー


皆さんノーマル台湾ラーメン。

私は台湾ラーメンイタリアン。


まずはビールで乾杯。

味仙グラス


こちらはノーマル

ノーマル

ノーマルでも4辛、結構辛いとのこと。

ノーマル2


私のイタリアン、6辛です。

ネーミングがいいですね。

ちなみにアメリカンってのもあり1辛です。

イタリアンアップ

見た目は大したことないように見えますが超からいです。

ビリビリくる辛さ。

いかし甘み&旨味があるんでどんどんいけます。

イタリアンアップ



イタリアン(左)とノーマル(右)の比較

イタリアン&普通


青菜炒め、風味がよく美味しかった。

青菜炒め


餃子

餃子


本場の台湾ラーメンを初めて食べましたがなかなかくせになるような辛さです。

青菜炒め&餃子も美味しかったし、飲んだ後の締めのラーメンにいいぞぉ~。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR