FC2ブログ

CB750Four油漏れ修理

先日のツーリング後、バイク小屋に置いているCBフロントショックの下の床に油が。

もしやと思って右ショックブーツを外したらオイルがダダ漏れ。

1右ショック油漏れ


左側をみたらやはりオイル漏れ。

2左ショック油も絵



オイルシールとリテーナーの部品を準備しオーバーホール開始。

3左ショック


中古品なんでオイルシールが硬化してたのかな。

4右ショック



オイルシール上のリテーナと止めているスナップリングが外れない。

急遽アストロに工具を買いにひとっ走り。

5工具


この工具で引っ掛けて取り外し。

5リテーナー外し



マイナスドライバーに水道のホースを巻いてあおって外す。

と思いきや硬くて外れない。

6シール取り外し



昔、車用オイルシールプーラーを購入していたのを思い出してトライ。

7SST

これでOK。



8オイルシール


六角レンチと17mmボルトを使ってインナーを分解。

9ショック分解



インナーチューブに点錆があるけど磨いて組付け。

10ショック物



オイルシール組付けは外すより簡単。

12ショック組付け

新品オイルを注入し組付け。

手で何回か圧力をかけた感じはいいみた。

13ショック取り付け

ショック組付けでフェンダー&ホイール取り付け。

2回目なんでサクサクっとOK。


近所を試運転。

14試運転



走った感じはバッチグー。

15大森山




20kmくらい走って帰宅。

ブーツをめくって確認。

16ショック確認

左右とも漏れはなし。

これで大丈夫(たぶん)。

中古品を使う場合はオーバーホール(オイルシール交換)必須かな。

フロントショックが少し柔らかい。

スプリングを変えればいいかも。

そのうち検討ですね。

これにてCBのフロントショックオイル漏れ修理終了。




スポンサーサイト



菅総理大臣に便乗

菅総理大臣キャラのお菓子。


かおる堂の打菓子。

かおる堂菅総理



くらた菅総理2




くらた 菅どら焼き。

くらた菅総理


かおる堂菅総理2

お味はどちらも不明。


まだまだありそうな。


両国~鹿角市

鹿角市八幡平のドライブイン両国。

両国外観

秋田県の北端で岩手との県境。

昼時に行ったら賑わってます。

両国店内3




両国厨房


テーブル席や小上がり座敷が満席だったので奥の個室に。

窓についてるウィンドエアコンが懐かしい。

両国部屋




両国メニュー



人気のキムチラーメンを注文。

キムチラーメン




キムチラーメン2




キムチラーメン5




キムチラーメン3




キムチラーメン6




キムチスープ

動物系ベースの醤油味。

ビリ辛ですが生卵を混ぜるとマイルドになって食べやすい。

具材たっぷりでお腹パンパン。

ごちそうさまでした。




お連れさんのかつ丼。

かつ丼



かつ丼アップ



十和田湖ツーリング

9月21日(月)久しぶりの十和田湖ツーリング。

8:00秘密基地集合。

私CB、トドリハーレー、レッドブルZ、黒猫氏見送り。

レッドブルがZ14?で来ましたよ!代替したようです。

黒猫氏は諸事情で参加できず車で見送りに来てくれました。

1本社集合


8:30ローソン金足片田店で集合。

2ローソン集合

拓海ちゃんRZ、ハッシーFX、ヒデVストーム、ミカちゃんエストレア、明日のジョーホンダ、ノボちんGL、ササキさんGLと合流。

3ローソン集合2


全員で10名。

4ローソン集合3

ここからは農免道路→国道205号→道の駅かみこあに→合川→大館能代空港を通って道の駅ひないで大館Gと合流。


9:30道の駅かみこあにで休憩。

5道の駅かみこあに

なんか増えてると思ったらシガちゃんとタカハシちゃんが合流してる。

秋田市内の集合に間に合わなかったようでこちらで合流。

6道の駅かみこあに2

これで12名。

7道の駅かみこあに3


明日のジョーくんのニューマシーン。

いったい何台持っているんでしょう?

8ホンダ


ジョーくんは所用のためここでおさらば。

9ジョウ

いい姿勢!


ここからは一気に道の駅ひない。

特攻のタカ隼、シノZ、マツCB、イワニンジャ、いっぺいグロムの5人と合流。

特攻のタカちゃんはハヤブサを代替。

といってもハヤブサからハヤブサに。

10道の駅ひない

シノちゃんのZはいつもながらのバリバリ使用。

11道の駅ひない2



14グロム

いっぺいちゃんのニューマシーングロム。

かっこいいですね!


ヒデっちが跨ったらつま先立ち!

足が・・・・・かも。

13道の駅ひない3

連休祝日で16名だと昼食場所がなかなかなく十和田湖の休屋まで行ってみることに。


15休屋

休屋の乙女の像のあるところまで行ったけどどこも満杯。

16休屋2


国道に出る手前の御食事処「かえで」でミカちゃんが交渉して団体席を確保。

18かえで1


近くの今は廃業したホテル前に駐車。

17休屋3




19かえで2




20かえでメニュー


私はラーメン&カレーセット。

21カレーラーメン


みなさん十和田B級グルメのバラ焼定食。

22牛ばら焼


お腹いっぱいになったところでバイクにも燃料補給。

十和田湖畔で待ってます。

24十和田湖



23十和田湖



25十和田湖2




26十和田湖3


次は十和田樹海ラインを通って道の駅七滝。

いつもながら樹海ラインを爆走!

道の駅七滝の売店にいた生きているフクロウ!。

27道の駅七滝


ここで大館Gとお別れ。

残りは小坂北インターから秋田北空港インター終点でおりて空港で休憩。

28空港

高速途中から爆走したんで後続がこないかなと思いきや。


途中でミカちゃんのバイクが予備タン切り替えになり一つ手前にインターで降りて給油してきたとのこと。

事故でなくてよかった。

29空港2


ミカちゃんは頭抱えてごめんなさい。

30空港30

これにてあだ名はガス欠女王ミカに決まり!



時間も遅くなってきたので道の駅五城目までバビューンと行きたいところでしたが祝日渋滞でおとなしく走行。

32道の駅五城目




33道の駅五城目

ここからは農免道路で秋田市内に入ったところで流れ解散。

34到着

18:30自宅到着。

本日の走行202マイル(323km)。

CBのブレーキをブレンボに変えてからの初めてのツーリング。

今までとは比べ物にならないくらいに効きがいいです。

みなさんお疲れ様でした。




CB750Fourの油漏れ修理

最近走るとクランクケースの上にオイルが垂れてくる。

たぶんオイルプレッシャースイッチからなかと思いブレーキ修理のついでに取り換え。

3オイルプレッシャースイッチ

黒いカバーの下にオイルが垂れてきます。



カバーを外すとスイッチの配線取り付け部からオイル漏れ。

4ゴムカバー取り外し



右側が新品、小さくなってます。

5オイルプレッシャースイッチ




6交換終了

交換完了。

確認は次回ツーリングで。




ついでにサイドスタンドのラバー交換。

1センタースタンドラバー

劣化で折損してたのを何年かぶりで交換。


2ラバー交換

終了。

あと残るはリヤタイヤ交換とステアリングハブベアリング交換かな。

やる気がでたらですね。


化世沢食堂~男鹿市

男鹿市船川港の化世沢食堂。

男鹿市民ふれあいプラザハートピアに昨年オープンしたようです。

特長は曜日によって作り手(4グループ)が替わる食堂。

9月5日(土)に行ってみました。

市民ふれあいプラザハートピア




船川 化世沢食堂




化世沢9月メニュー


本格タイ料理 Shiri's Thai Kichin(シリズ タイ キッチン)。

メニュー2




siris Thai kitchenメニュー

トムカーガイセットを注文。


トムカーガイセット2




トムカーガイ




鶏肉

参鶏湯に似たお味。




ヤムウンセン

ヤムウンセン



タピオカココナッツミルク。

タピオカココナッツミルク

ミルク苦手な私はやっちまった感満載。

ごちそうさまでした。

隣のテーブルにいた女性は料理がくるなりスマホカメラでカシャカシャでかいチャッター音をたてて10枚くらい写真を撮ってました。

4~5枚位ならいざ知らず他人の迷惑を全く考えてないですね。

無音カメラにしてもらいたいですね。

無神経ぶりに久しぶりにムカつきました。

せっかくの料理が台無し!




お連れさんのグリーンカレー。

グリーンカレーセット





山水亭~鹿角市

鹿角市十和田毛馬内の中華レストラン山水亭。

山水亭外観




山水亭店内2




山水亭店内1




山水亭店内




山水亭メニュー




山水亭メニュー2



マーボラーメンを注文。

麻婆麺




麻婆麺2




麻婆




麻婆麺3




麻婆麺スープ

餡&豆腐の少な目なマーボラーメン。

ごちそうさまでした。

冷やし中華POP





以前食べた酸辣湯麺。

酸辣湯面



山水ラーメン。

山水ラーメン




担々麺。

タンタン麺


あっぱれ寿司~秋田市

秋田市東通りのあっぱれ寿司。

あっぱれメニュー




あっぱれメニュー2




あっぱれ玉子


あっぱれほや、美味かった!

あっぱれホヤ


海老てんぷら。

海老天ぷら



車海老と野菜かき揚げ。

これお勧め!

車海老と野菜かき揚げ




天ぷら



太巻き。

太巻




寿司

ちょっと食べすぎたかも。

ごちそうさまでした。






もちもちパンケーキ

たけや製パンのもちもちパンケーキ。

菅総理もちもちパンケーキ2




菅総理もちもちパンケーキ

生地がもちもち。

中には蜜漬けりんご。

甘さ控えめで美味しかった。

CB750Fourブレーキ強化 その3

ブレーキキャリパをサポートに付けたらスポークに当たる!

ブレンボのキャリパって幅が広い!

1キャリパ接触


ディスクプレートを止めているボルトがショックを接触。

2ボルト接触


プレートとショックの隙間は微妙。

3ノギス測定

さてどうするか。

キャリパとスポークが接触しないためには

① ホイールを内側に寄せる。

② キャリパを外側に寄せる、ボルトの頭を薄いものに変更。

キャリパを外側に寄せるためにはキャリパサポート取り付け部を削らなければならないので①ですね。

左ショックとスピードケーブルギヤの取り付け部は1mmくらいの隙間があるのでやれるかも。

ちなみにキャリパーサポートをショック取り付け部の外側に付けるタイプのものもあるので、この場合はややこしくなりますね。



約2mmのシムをシャフトに追加で対応。

4シム


こんな感じで入れます。

5シム挿入



ディスクプレートの右側(ホイールとの接触部)にはアルミのスペーサーが入ります。

厚さを測るのを忘れた、10mm近くあるかも。

8シム取り付け


見た目いいかも。

フロントホイールの廻もOK。

9仮組付け



ステンメッシュのブレーキホース(850mm)は通販で安いのをGET。

22ブレーキホース


普通は後ろ側にホースを持ってくるように取り付けるけど、フェンダーにガイドがないので前向きに取り付け。

キャリパーに取り付けのバンジョーボルトがピッチ1.00mmなんで特殊!

23ブレーキホース取り付け

キャリパサポート取り付けボルトもピッチ1.50なんでまいった。

全部インチ規格かな。

ボルトやシム・ワッシャーの調達は秋田市山王の「サンワボルト」さんで購入。

とても親切で1個から購入可能で、在庫がない場合は取り寄せてくれます。



ブレーキマスターシリンダーにホース取り付け。

24マスターシリンダ



マスターシリンダの中は綺麗!

このまま使えそう。

25シリンダ内部


エア抜き開始。

マスターシリンダー側ボルト部⇒キャリパーボルト部⇒キャリパーブリーダープラグ部の順番で根気よく。

よくある市販のエア抜き器具は使いません、っていうか持ってません。

経験上これで十分。

26キャリパエア抜き



次はスピードメーターギヤにケーブルを取り付け。

ケーブルは通販で取り寄せ。

真ん中にあるのはブレーキキャリパ用バンジョウボルト。

27スピードメータケーブル

CBのケーブルはギヤ取り付け部がはめ込みタイプでSRはねじ込みタイプなので交換必要。


SRのケーブルにはギヤ取り付け部には水侵入防止用のブーツが付いてます。

28ケーブル取り付け



ブレンボに交換完成。

29完成



近所を試運転。

32大森山2




33大森山3




31大森山




34バイク小屋

バイク小屋戻って各部を点検。

パッドとディスクが擦ってますが許容範囲と判断。

芯ずれもなさそう。


試運転距離7.7マイル。

35試運転距離

走った結果は。

フロントショックが軽く柔らかい。

CBは固めで路面から突き上げが結構きてましたがSR用はしっとりしている感じ。

コーナリングは軽くスーっと曲がっていく。

乗りこまないとよくわからないかもです。


肝心のブレーキは。

すぐには当たりがでないのでこれも走りこまないと。

でも以前よりは格段に効きます。

次回ツーリングで慣らしですね。

これにてブレーキ改造計画終了。

お付き合いありがとうございました。




CB750Fourブレーキ強化 その2

取り寄せたSR400フロントホイールはタカサゴのアルミリム。

スピードメーターギヤとシャフト付。

ベアリングはまだまだ使えそう。

1SRホイール

コンチネンタルのタイヤが付いて溝はまだあるけどダンロップTT100に交換。



2フロントタイヤ交換

交換するのに四苦八苦。

3タイヤチューブ

チューブに穴をあけてしまいパンク!

CBの外したホイールからチューブを抜き使おうと思ったら空気注入口付け根が錆びててエア漏れ。

自転車屋に行ってパンク修理キットを買ってきて修理。



取り寄せたXJR1200のディスクプレート320mm。

4XJR1200ディスク



取り寄せのブレンボアタッチメントとスペーサー(新品)。

1個づつ購入すると高いけどヤフオクだと安い。

5アタッチメント



右ショックのサポート取り付け部にネジが切ってある。

キャストホイール用なんで右外側にキャリパをつけるみたい。

取り寄せたアタッチメントにネジが切っている。

6アタッチメント





7右取り付け部



左側にはネジが切ってなく左側にはすんなりアタッチメントが付きそう。

しかし準備したブレンボは右側用。

8左取り付け部



右側のネジ山をドリルで切り落とすことに。

9右穴あけ



これでバッチリ付くかな。

10アタッチメント



取り寄せたブレンボ4ポットキャリパー40mm。

11ブレンボ


仮付けしたらスポークに当たる!

12スポーク接触

さてどうするか?

ここは一旦撤退し別作業。



気分転換にCBからブレーキマスターシリンダを取外し

19CBブレーキマスタ取外し1



20CBブレーキマスタ取外し



取り寄せのCB750 RC42のブレーキマスターシリンダー(レバー付)。

21R42マスタ



マスターのブレーキランプスイッチコネクターが違う。

平と丸。

22ブレーキマスタスイッチ

さて作ったらいいかどうしよ。

23ブレーキマスタ配線

そういや外に放置しているKR250のはどうなっているんだろ?


差し込み口が平で同じ、ラッキー!

KRから配線をちょん切ってきてもうかた側の差込口を制作。

24KR配線加工




25ブレーキ配線

配線カバーを付けて取り付け。


26ブレーキ配線2

作動を確認OK。

ホンダ製流用なんでCBに違和感なし。

気分を良くしたところでキャリパー取り付けに挑戦。

その3につづく。


CB750Fourブレーキ強化 その1

私のCBは1974年型CB750Four。

ブレーキの効きが今一で鳴きは一級品。

ずっと我慢して乗ってきたけど限界。

思い切ってフロントブレーキキャリパーをブレンボに変更することにしました。

ネットでいろいろ調べてもアップしている方は極わずか。

問題となるのはブレンボキャリパーをどうやって取り付けるのか。



どうやらSR400の初期型フロントフォークが合うみたい。

台北の珍さんにお願いして必要部品を取り寄せ。

準備部品

1.ブレンボ4ポットキャリパー40mm(新品:パット付き)

2.ブレンボ4ポットキャリパーサポート78-84 320mmとホイールスペーサ(セット)

3.XJR1200フロントディスクローター

4.SR400フロントフォーク1JR 2H6

5.SR400フロントホイール初期型ディスク用19×1.85タカサゴアルミリム(メーターギヤ&シャフト付)

6.SR400フロントフェンダー

7.CB750 RC42マスターシリンダ

ここからは通販で手配

8.SR400スピードメーターケーブル

9.ステンメッシュブレーキホース850mm

10.ブレンボ用バンジョーボルト ピッチ1.00mm

11.ブレンボ用サポートボルト ピッチ1.50mm

部品がそろったところでスタート。

エキパイに木をかけてジャッキアップ。

フロントホイール取り外し。

1Fホイール外し


ショックを止めているステアリングステムトップボルトをゆるます。

2ボルト外し


ステム下部ボルトをゆるめる。

3ボルト外し2



ショックを下に引っ張ると抜けてきます。

4ショック引き抜き

カバー内側がサビサビ状態。


取り寄せたSR400キャストホイール用 セミエアタイプのショック。

結構綺麗で油漏れもなし。

今回はオイルシール交換なし。

5SRショック

キャリパー取り付け用の穴が左右にあいているのでダブルディスク可能。

今回は右側シングルディスク仕様にすることに。



長さは760mm、外径が35mmとCB750Fourとぴったし。

5ショック比較


左側がSR400のショック。

6ショック比較2



一度ステムに取り付けてエアバルブをゆるます。

7エアキャップ



SRショックのオイルを抜いたら以外に汚れていない。

8交換ショックオイル抜取


抜いたオイル。

9ショックオイル抜取



スプリングの上にリテーナ&カラーがついててエアバルブナットでとまります。

10ショック内部




11ショック内部部品



SRは車重が軽いのでシムを入れて荷重をかけます。

12シム厚さ

結局3枚(9mm)挿入。

このシムはトヨタのDOHCバルブクリアランス調整用のが外径ぴったり。


リテーナーの上にのせます。

13ショックシム追加


ショックオイルはYAMAHA純正G-10 規定では182ccかな。

14ショックオイル新品



取り寄せたSR400のフロントフェンダー。

写真では綺麗に見えますが点サビだらけです。

17SRフェンダー



フロントフォークをステムに取り付けるときはショックにフェンダーを取り付けてホイールシャフトを仮締めして取り付け。

18フロントショック取り付け

ちなみにSRのショックについてたダストカバーを外すとCBのブーツがはまります。

これで外観はCBと一緒。

その2につづく。



ぐらん麺α~秋田市

秋田市中通のぐらん麺α。

以前はぐらん炭別館。

ぐらん麺α外観

お店の駐車場がないので隣のコインパークに駐車。


サンプル




ぐらん麺α店内




ぐらん麺αカウンター




ぐらん麺αPOP




ぐらん麺αメニュー

牛すじ辛みそラーメンを注文。


牛すじ辛みそラーメン2




牛すじ辛みそラーメン




牛すじ辛みそ


柔らかく美味しい牛すじ。

牛すじ




牛すじ麺




牛すじ辛みそスープ

あっさり味噌の牛すじラーメン。

ごちそうさまでした。




お連れさんの炙りぼんじり鶏中華。

炙りぼんじり鶏中華2





かほる亭~大館市

大館市大茂内のかほる亭。

かほる亭外観



かほる亭メニュー



かほる亭POP


いつもホルモンらーめんですが今回はニラタマらーめん。

ニラタマらーめん




ニラタマ1




ニラタマ2




ニラタマ5




ニラタマ麺




ニラタマスープ

いつもながら美味しかったです。

ごちそうさまでした。




以前食べたホルモンらーめん。

ホルモンラーメン

ベースはニラタマと一緒のような。

うさみ家~秋田市

秋田市寺内のうさみ家寿司。

仲間内で寿司屋にGO。

うさみ家寿司外観

寺内の住宅街にある店舗。

ラーメン店 食べチャイナの後ろあたりか。

うさみ家寿司メニュー


今日はコース料理。

うさみ天ぷら



うさみ料理



天ぷらアップ

乾杯早々に飲み過ぎてグロッキー。

この後のいろいろ料理やお寿司が出てきましたが写真はナシ。

ごちそうさまでした。

家に帰ってバタンキュー!


仕事人~秋田市

秋田市山王のラーメン仕事人。

仕事人外観



仕事人店内2



仕事人店内



人気メニュー



仕事人メニュー


あえてお勧めを外して担々麺を注文。

担々麺



担々麺2



担々麺3



担々麺チャーシュー



担々麺アップ



担々麺スープ

とん辛ラーメンを同じような?

チャーシューが違うのかな。

ごちそうさまでした。



お連れさんの中華そば+味玉。

中華そば味玉2




以前食べたとん辛ラーメン。

とん辛



醤油南蛮。

醤油南蛮



ネギ味噌。

ネギ味噌



味噌ワンタン。

味噌ワンタン麺




王道楼~秋田市


秋田市茨島の中華料理 王道楼。

王道楼外観




王道楼店内




王道楼店内2




王道楼メニュー



広東麺を注文。

広東麺3




広東麺




広東麺2




広東麺4




広東麺具




広東麺5




広東麺スープ

ここは外れがないですね。

いつもながら美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。


勢いでチャーハン、美味い。

チャーハン




お連れさんの冷やし中華。

冷やし中華2



冷やし中華




以前食べたスタミナラーメン。

スタミナ



麻婆ラーメン。

麻婆ラーメン



酸辣湯麺。

酢辛湯麺



餃子。

餃子



TZR YPVS組みなおし


朝5時00分 起床。

早起きしたのはいいけどやることがない。

ならばTZRオイル漏れを思いだし確認してみることに。

新品部品を取り寄せるか悩んだ挙句、組付けてまだ日が浅いのでガスケットは圧着が馴染んでなく再使用可能と勝手に判断し分解開始。



シリンダー中間のYPVSシールからオイル漏れ!



1YPVS連結


シリンダーボルトにオイルがたれている。

2シリンダボルト


YPVSワイヤー調整側からもオイル漏れ。

2YPVSオイル漏れ



シリンダーガスケットを見るとウォータージャケット部分がはがれ気味。

ここはシールパッキンで対処できそう。

3シリンダー




4シリンダー2


YPVS分解終了。

5YPVS分解

さてオイル漏れの原因はどこに。


付いていたオイルシール。

これは前回新品に交換済み。

7オイルシール逆

TZRの修理書を見てもわからず。

ネットでいろいろ検索してみたら、どうやらオイルシールの取り付けが逆みたい。




オイルシールはテーパー状になっている。

径の大きい方が内側。

8YSPVオイルシール



正しくはこの方向。

9正規金浸け



この状態が正常のようです。

シャフトの回転と一緒にシールも回るのが正常かどうかわかりませんが。

10正規組付け2

YSPVバルブとホルダーのがたも多少あるけど、もう新品部品が欠品なのでこれを使うしかなし。

グリスを縫って組付け。

11シリンダー取り付け

シリンダーを組付けてヘッドを取り付けたら出勤時間となり後日組付けることに。

オイルシールを反対に組み付けるとは我ながら参りました。

それにしてもTZRのサービスマニュアルは全く参考にならず残念。

ネットの情報ってすごい!


後日早起きして組付けですね。

東天紅~秋田市

秋田市キャッスルホテル1Fの中華料理 東天紅。

東天紅外観


知り合いのみなさんとランチコースといろんなメニューを注文。

私はよだれ鶏の担々麺。

よだれ鶏の担々麺



よだれ鶏の担々麺2

よだれ鶏ってよだれがでるほど美味しい鶏だそうです。

よだれ鶏の担々麺3



よだれ鶏の担々麺4



よだれ鶏の担々麺5

濃厚なお味の担々麺でした。

よだれはでなかった。

ごちそうさまでした。



ランチコース。

ランチコース



ランチコース2



ランチコース3



ランチスープ



小籠包

小籠包



餃子

餃子



チャーハン

チャーハン

プリプリの海老に味がしみ込んだお米。

パラパラ具合もよくとても美味しいチャーハンでした。


TZRオイル漏れ修理 その4

ギヤハウジングを取り外してオイルポンプ内側O/CとウォーターポンプO/Cの交換。

写真はヘッドを組付ける前です。

14TZRギヤハウジング




ギヤケース内側。

左上がオイルポンプ。

真ん中がウォーターポンプ。

1ギヤケース内側


ついでにキックシャフトO/Cも取り寄せ。

2オイルシール



ウォーターポンプO/C。

ここからケース内側にオイルが漏れてギヤオイル内に混濁かな。

3オイルポンプオイルシール

これはすんなり交換終了。



問題なのがウォーターポンプのオイルシール。

4ウオーターポンプオイルシール


固くて取れない。

どうする?

シールには鉄板が二重に入っているのでこれを利用。

ドリルで穴をあけて上からビスをねじ込むとケースがストッパとなりオイルシールが浮き上がってくる!

だろうと思ってやってみる。

6シール取り外し

ドリルで穴をあける感触がうまくつかめずアルミまで突き刺さる。

まぁ~いいか。

ここに多少の穴をあけても水は漏れることはない・・・・・と思います。

5ウオーターポンプオイルシール2

新品O/Cは改良されているみたい。

入れるときはボックスを使用してハンマーで圧入。



こちらはキックシャフトオイルシール交換。

7シール取り付け



オイルシール交換終了。

8ケース組付け



パッキンを交換してハウジングを取り付け。

9カバー取り付け



オイルポンプの調整ってどうやるんだっけ?

10ポンプフリー


アクセル全開でこんな感じ。

11ポンプ前回




とりあえず外した時の状態で組付け。

12ホース取り付け

各ホースも新品と交換。



バッテリーをつないでYPVSの点検。

13YPVS点検


IGキーONでレバー穴が一緒になるようにワイヤー調整。

14YPVS点検2



フューエルホースを新品と交換。

15フューエルホース交換


ギヤオイル注入。

16ギヤオイル注入

そして冷却水のクーラントも新しいのに取り換え。




全部組みあがったところでエンジン始動。

念のためにガソリンに2ストオイルを入れて混合に。

17エンジン始動

キック5回で始動。

ものの見事な爆炎!

それにしても凄い煙。

オイルポンプの調整の問題か、混合でオイルが多かったのか。

18バイク小屋

小屋中煙だらけ。

近所から苦情がきそう。

アイドリングは安定。

19メーター

いまのところオイル漏れはなし。





近所に試運転。

1年ぶりのTZR。

国道7号を南下し下浜バイパスを過ぎたところで旧道に。

20下浜

後ろを走る車が気の毒なくらいの爆炎!

アイドリングでも結構な煙。

21下浜2

気持ちがいいくらいの煙、煙、煙。

爆煙同盟の本領発揮か。


22バイパス




23バイパス2




24走行終了

24kmのテスト走行終了。

回転の上りがスムーズになったし調子は絶好調!

なめらかになった感じかな。





オイル漏れは・・・・・・どうなった?

25オイル漏れ

チャンバー上にオイルがたれた跡!

覗いてみたらシリンダーの真ん中YPVSからのオイル漏れ。

やはり予想が的中。

さてどうするか。

YPVSのバルブとカラーは生産中止だし。

再度バラシてシールパッキンで止めるか。

今回はひとまずここまで、どうするか検討します。


つづいてはCB750Fourのフロントブレーキ強化!

こちらもいろいろ検討中。

完成しだいアップします。


TZRオイル漏れ修理 その3

YPVSからの油漏れ修理はあまりやる気がなかったけど、オイルポンプを修理したら俄然やる気が出てバラしてみることに。

1TZRエンジン


シリンダーヘッドを外してシリンダーを外す。

2シリンダ

シリンダー内部は損傷なし。

3シリンダアップ

ピストンもダメージなし。

4TZRエンジンピストン




5TZRシリンダ


シリンダー内側のYPVS部分の油汚れが凄い。

6シリンダヘッド


右シリンダー。

7右シリンダ



左シリンダー。

8左シリンダ


YPVSのバルブとカラーはすでに製造中止。

9YPVS

カラーが変形っていうか虫食いっていうかこの辺から油漏れがあるかも。

部品がないので磨いて組んでみるかな。

ヘッドガスケットに裏表があるんだよね。

10シリンダGK



11ヘッドGK



ヘッドボルトだけは昭和のトルクレンチで締め付け。

12ヘッド締め付け



13ギヤハウジング

ここまでやったらギヤハウジングを外してオイルポンプO/CとウォーターポンプO/Cの交換に着手。

なんか泥沼にはまっていきそうな予感。

TZRオイル漏れ修理 その2

TZR250 次はどうする。

オイルポンプOH。

1オイルポンプ

ポンプ外側には漏れた後がない。


2オイルポンプ



オイルポンプ取り外し1



オイルポンプ取り外し2



3オイルポンプ



3オイルポンプ2



4オイルポンプ



5オイルポンプ分解

ガスケット剥がし。

6オイルポンプGK


分解完了。

写真下側のカラー内側のオイルシールがダメになると外側にオイル漏れかな。

7オイルポンプ分解

ちょっと擦ってる跡があるけどこのまま組付け。

8オイルポンぴ



9新品部品


ポンプは非分解式なんでネットで調べて内部部品を注文。

肝心のオイルシールを注文するのを忘れた!

10パーツリスト

93010-10002のオイルシールはギヤケース内側のオイルシールです。

おそらくこのシールが不良でギヤケース内に2ストオイルが混入と思われます。


TZRオイル漏れ修理 その1


昨年5月に乗ってから放置状態のTZR250。

何を思ったのかやる気スイッチが入り以前からの不具合修理の決行。

トラブル1  左シリンダー外側YPVSからオイル漏れ。

トラブル2  ギヤオイルが増える。

トラブル3  カウルステー左ミラー取り付け部折損。



前回ツーリング時に左ミラー取り付け部が折れて脱落。

カウルステー取り外し。

カウル4


カウル1

ネットで中古品を取り寄せていたので取り付け。

9カウルステー




カウル2






次はYPVSOリングとシールを交換予定。

まずはエンジンを始動しオイル漏れを確認。

2爆煙


排気煙が凄い!

3爆煙2

アイドリングは安定。

4アイドリング

エンジンを吹かすとYPVS取り付け部から排気煙!

やっぱりシールがダメかも。

5YPVSから煙幕



7マフラー

マフラーを外したらオイル?がダラダラ。

8マフラー

なんで?、ガソリンが混入かな。

この状態を観たらやる気スイッチOFF。



三貴~湯沢市

湯沢市大町の広東料理 三貴。

三貴外観2



三貴おすすめ



三貴店内



三貴メニュー



三貴店内2

スーラータンメンを注文。

酸辣湯麺



酸辣湯麺2



酸辣湯麺3



酸辣湯麺4



酸辣湯麺スープ



酸辣湯麺5



酸辣湯麺スープ1

辛そうに見えて辛さ控えめ。

緩めの餡で食べやすく豆腐も美味い。

ごちそうさまでした。

気になるメニューが・・・・、薬膳坦坦麺や白うさぎ!

これは再訪ですね。

三貴箸


プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR