FC2ブログ

萬福食堂~二ツ井

能代市二ツ井町の萬福食堂。

極近くにかの有名なあけぼの食堂があります。

萬福外観

萬福厨房

萬福メニュー



タンメンを注文。

タンタンメンが食べたかったけど、注文時にタンの発音を1回忘れました。

まぁ~いいか。

タンメン

タンメン2

野菜の具たくさん。

タンメン野菜

麺は細ちじれめん。

これが食べやすく旨い、そして結構な量がある。

タンメン麺


途中で豆板醤を発見。

豆板醤

投入

辛味投入

投入最初は辛味がきつかったですが混ぜ合わせるとマイルドに変化。

タンメンスープ

なかなかボリュームもありお腹いっぱいになりました。




どうしてもタンタンメンが忘れられず、1週間後に再訪問。

おじさんが一人で一生懸命調理中。

満福厨房

念願のタンタンメン。

タンタン麺

卵とじ和風担々麺って感じか。

タンタン麺2

メンマ

タマゴ

麺アップ


スープの中にひき肉とザーサイがいっぱい。

ザーサイはしょっぱ目でしたがこりこり美味しかったです。

挽肉

スープアップ

タンメン同様にタンタンメンも量が多く腹いっぱい。

美味しくいただきました。



ところでここに行く前にデカ盛りで有名な能代市向能代駅前にある富士食堂に行ってみました。

途中の五能線踏切でリゾート白神号?に遭遇。

五能線

正面が向能代駅。

右にあるのが富士食堂。

向能代駅

富士食堂2

どうやら店じまいしたようでした、残念。

一度てんこ盛りカツカレーを食べてみたかったです。


スポンサーサイト



XL250R~タイヤ交換

XL250Rのタイヤが醜くひび割れ状態。

ヘルプネットの台北の珍ファクトリーにSOS。

昨日引き取りに来ていただき無事台北に搬送。

フロントタイヤ交換の画像が送られてきました。

フロントタイヤ交換

フロントハブっていうかドラムっていうか。

中はいたって奇麗。

あまり乗ってないんで当たり前か。


フロントハブ

ブレーキシューもバリバリ。

フロントブレーキシュー


無事にフロント交換完了(みたい)。

フロント



ついでにローダウン化を依頼。

フロントは5mm下げた模様。

フロントフォークA



そしてリヤは。

と思ったらなんか違う。

これは珍さんのバイクでした。

リヤスポーク

仕事終わってからの整備。

台北の珍から「夜鷹の珍」に改名か。

頑張ってください。

どうやらラスツーはXLかな。


カミカゼ~鷹巣

久しぶりのラーメンネタ。

二ツ井町のカミカゼ。

カミカゼ暖簾

券売機

店内は広いけどカウンターのみの席。

空くまでしばし待ち時間。

※内緒のお話し。

駐車場に○暴圭の単車が3台止まっててお兄さんがおしゃべり中。

なにやってんだろと思って入店したらカウンターに端に女性が二人。

着ているジャンパーの背中に○代目レディースの刺繍。

AKITAにもこんな方がいるんだって妙に感心。

レディースがラーメン食べてる間はボーイズは外で待ちか。

いつの世の中もレディース強し。

カミカゼ店内


前に辛みそを食べたんで今回はオーソドックスなみそをオーダー。

レディースが去るのと同時に着席。

調味料


そしてみそラーメンが着丼。

みそ

みそ2

みそ麺

みそメンマ

チャシュー

チャシューアップ

ここの自家製面はつるつるシコシコで旨い。

みそ麺アップ

みそスープ

味噌のコクがでてて美味しかったです。



こちらは以前食べた辛みそラーメン。

辛辛みそ

どちらもお勧めです。


NEXT MOTOR SHOW

10月17~18日、秋田県立中央公園スカイドームで行われた「AKITA NEXT MOTOR SHOW」。

主催が秋田次世代自動車普及促進協議会。

秋田県も頑張ってますね。

ポスター

アトラクションで仮面ライダードライブショーやプリキュアショーがあります。

特にプリキュアは満員御礼だったみたいです。



初日開会式直後の様子。

ここって昨年、人工芝にしたってことできれいでした。

1ドーム

2太鼓

開会式セレモニー。

秋田県知事によるテープカット、気合が入ってます。

3テープカット



さてどんな車が展示しているか。

4ハイブリッド

5ハイブリッド



パソコン操作で色が変化する車。

7車

8車

10車

11車



12車

13車

14オーリス

トヨタオーリス。

マークがかっこいい。

15オーリス2


日産のウルトラマンカーか?。

16車



NISSAN GTR。

かっこいい!

17GTR

18GTR2


こんなので街中走ったらうけるでしょうね。

ダイハツ



6レクサス



外ではトヨタセーフティーセンスの体感試乗会。

86リヤ

22試乗2

20外

天気は最高で家族ずれがワンサか、ピクニック日和でよかったです。

来週は東京モーターショーに行ってきます。



鳴子ツーリング~ラスト

せっかく鳴子駅に来たんで中を散策。

64鳴子駅


バイクを止めた前に「ご利益小道」。

好日館ってなんだ?、やばそうなんでパス。

61小道

ご利益小道の先はこんな様子。

62小道2

65看板

66足湯

67駅前

68駅内

69電車

70駅内2

駅の待合室? なぜかこんな状態。

71駅内3

72駅内4

鳴子はこけしで有名ですね。

73駅内5

74駅内6

75駅内7

76駅由来

77看板

78看板2


ここでガソリン補給。

リッター21㎞位走ったような。

79スタンド

せっかくなんで鬼首のかんけつ泉を見に行くことにしました。

80鬼首

81鬼首2

82看板

83鬼首駐車

湯気があがってる、ここがかんけつ泉だろうか。

84温泉

85のぼり


バイクを止めて入口に行ったら入場料400円。

ちょっとお金とるの?、そりゃないぜ、速攻Uターン。

86入口

駐車場向かいのお店でソフトクリームタイム。

87店

側溝に吹き出る温泉、なんかもったいないような。

88温泉

89看板

ボケてるところがいい感じ。

90トドリ

91レッドブル

92CB


さてここからは秋ノ宮経由で道の駅雄勝を目指します。

93峠

バイパスから国道108号の旧道を見たところ。

よくこんなところを通ってましたね、私は旧道を通ったことがありません。

94峠アップ

96峠CB2



こちらは3年前に花山峠(398号)を通ったときのトドリ嬢のステップがりがりライディング。

関係ないか、でもサービス。

トドリライディング


道の駅雄勝に到着。

しばしダべリング後にレッドブルさんとお別れ。

97雄勝

帰りのルートは、いつもは出羽グリンロードですが、事前調査では国道107号経由で本荘インターから高速で帰ったほうが近そうだったんで今回初トライ。

99ローソン

近所のローソンで反省会?。

トークに花が咲き6時を過ぎちゃいました。

100到着

無事自宅に到着6時20分。

今日の走行221マイル(355km)。

こまめな休憩と紅葉がきれいだったせいかあまり疲れませんでした。

あと今シーズン走れるのは1回かな。


おおう牧場

山形県最上町(宮城県との県境付近)にある「おおう牧場」

って蕎麦屋さん。

なんで牧場っていうんだろ?。

牧場の跡地に蕎麦でも植えてんだろうか?。

最上町にソバ団地があるってのも凄いですね。

おおう牧場看板

おおう牧場外観

牧場入口

最上早生ってすごいらしいです。

牧場店内

牧場メニュー1

牧場メニュー2



最上町観光担当のお勧めに従って、蕎麦屋にきて辛みそラーメンを注文。

辛みそ

辛みそ2

辛みそ具

野菜がシャキシャキして旨い。

辛みそ野菜

辛みそ麺

みそスープ

スープはクリーミーでこくがあって美味しい。



ここで辛味投入。

辛スープ

程よい辛さでベストマッチ。

流石、観光案内人が勧めるだけあって激旨でした。




こちらは新蕎麦の魅力に落とされた?トドリ嬢のもり蕎麦。

もりそば

色が白っぽくのど越し抜群(ちょっと御裾分け)。

こういう色の蕎麦って初めて。

そばアップ

食事が終わって出るころには来店者続々、人気店っていったところか。

最上町の観光案内人さん、いい店紹介して頂きありがとうございました。


鳴子ツーリング3

赤倉温泉駅に着き向かいを見たら食堂阿部支店。

しかし閑散としてる。

42阿部支店

定休日は土曜日のはず。

メニューPOPがマニアック。

子供が描いたんだろうか。

43メニュー

玄関を見ると「本日は休ませて戴きます」の表示。

秋田市からはるばる160km、そりゃぁ~ないぜ。

44お休み


みんなで嘆いてたら、このおじさん(お兄さん?)が登場。

「ラーメン食べに来たの?、いつもならやってるのに」

「汁が目当て、味噌、醤油、塩?、それともチャーシューが目当て?」

軽快&マニアックなラーメントーク、いったいこの方なにやってるんだろ。

と思ったらどうやら最上町の観光案内人とのこと。

今月末に最上町にでやるショーのポスターを張って歩いているようです。

45案内人

「チャーシューが目当てなら来た道をちょっと戻ると西郷屋ってのがあるんでここがおすすめ」。

「味噌と野菜がおいしいのはこの先に行くと、おおう牧場って蕎麦屋があるんでここの味噌ラーメンが旨い」。

さらにおおう牧場に電話してくれて営業してるか確認して頂きました。

まぁ~超親切な方でした。

46看板

ということでおおう牧場を目指します。



国道47号を15分位走ったところでおおう牧場に到着。

時間は11時50分、いいペース。

47牧場駐車

47おおう牧場

ここの味噌ラーメンはおじさんの言った通り大正解。

ここの模様については後でアップします。

ここで食べてたらバイクライダーが結構来店してました。

中でも、くノ一忍者乗りがかっこよかった!。



腹いっぱいになったところで次はどこに行くかな。

せっかくここまで来たんで鳴子に寄って鬼首から秋ノ宮を回って帰ることに。

ここから鳴子まですぐ、ゆっくり紅葉を観ながら走っているとすごい観光客。

そういやここは鳴子峡でした。

50鳴子峡

駐車場がどこも満杯なんで路肩に止めて見学。

51鳴子峡1

52鳴子峡2

橋の上から下を覗き込んだところ、怖い。

53鳴子峡3

54鳴子峡4

55鳴子峡6

56鳴子峡7


橋の上は人人人。

78.1って表示は高さなんだろうか?。

57鳴子峡8

58鳴子峡58

紅葉が奇麗でした。



ここから10分位で鳴子駅前に到着。

59鳴子

63駅前

そういや正面奥のお土産屋さんの二階で以前ツーリングの時食事しましたね。

こちらが3年前の夏に来た時の写真。

鳴子食堂

最近、音速氏マッハを見ないけど元気かな。

鳴子マッハ

ここで食べたカツカレー。

カツの大きさにワラちゃいました。

鳴子かつカレー







60鳴子メータ

ここまでの走行119マイル(191km)。

いろいろ見るところがあって楽しかったです。

鳴子ツーリング2

いろんなところに行きましたが川の駅ってのは初めて。

11川の駅駐車

12チジミ屋

13水車

14池

15池2

立派な鯉がたくさん、近くによると鯉が集まってきます。

16鯉

17看板

18下流

19上流

20上流2

21やな

22やな2


店内。

22鮎焼き

23南瓜

24芋


25メニュー


二階にギャラリー。

26二階

ここのカウンターで川を見ながら蕎麦を食べるってのもいいですねぇ~。

27カウンター

28店内

29傘


30陶器

31最上焼き

32こぶ白鳥

33熊



座敷にある大木の彫刻は、座敷に原木を入れてから彫ったそうです。

すげぇ~!。

34座敷柱

35下駄

一階食堂のテーブルって木ですよ。

36柱1

38柱2

柱も1本木ですごい。

41柱3


お土産はくじら餅。

お味は不明。

奥さん&お嬢の反応がなかったんでたぶんスカかな。

37餅


39標識

ここから10分くらいで目的地の赤倉温泉駅に到着。

40赤倉駅

駅の向かいにある阿部支店の様子がおかしい。

ガビぃ~ん!、続きは明日。


鳴子ツーリング1~宮城

10月14日、パソコンをウィンドウズ10にアップしようとしたら既存の7がノックダウン。

初期化しついでにハードディスク変更による高速化。

メール再設定しようとしたらパスワード忘れ。

参りますねぇ~、ってことでなんだかんだで2週間ぶりにブログ更新です。



貯まっているネタを順次放出です、ちょっと古くなりますがご勘弁。




10月19日(月)鳴子ツーリングです。

実は山形県新庄から宮城県鳴子に行く途中の国道47号赤倉温泉駅向かいにある阿部支店食堂のラーメンを目指してのツーリング。

1虎毛山



いざ出発。

走り出したらフケが悪い!

キャブが不調、路肩に止めてばらしてみるか。

2豊岩

3CBキャブ

4番フロートにガソリンが少ない!。

フロートレベルを調整したのに、なんてこった。

4キャブ外し

まったくもっての感で調整。

5フロート

出羽グリンロード経由で羽後町の五輪坂。

中速時の息つきはするもののまあまあいい感じ。

6五輪坂

道の駅雄勝でレッドブルさんと合流し新庄を目指します。

7道の駅雄勝

8長尾トンネンル



赤倉温泉駅の手前で面白そうな「川の駅 ヤナ茶屋もがみ」を発見。

9川の駅


新庄から17㎞地点。

10標識

ここでしばし休憩。

久しぶりのブログアップで疲れたんで、続きは後日、すみません。

無事にパソコンが復活してよかった!。



CBキャブOH~最後(たぶん)

二連休の今日はキャブバランス調整。

バキュームゲージと自作燃料タンクをセットしエンジンをかけたら、ブファブファブファと吹け上がらない。

なんかおかしい。

燃料タンクを見たらガソリンがへりまくり。

うむむむむぅ~、ヤバい。

オーバーフロータンク(ペットボトル)をみたらダラダラガソリンが流れてきてる。

2番・3番・4番からジョジョジョジョジョ~~。

バランス点検

なんで?。

昨日やめるときにドレンを空にしたんで、今日ガソリン流入でビックリしかた?。

ニードルバルブの落ち着きが悪いんでしょうね。

やっぱり新品をつけるべきだったのか。

いまさらやる気もなく来シーズン考えます。

フロートカバーを外してニードルを落ち着かせたらOK。



エンジン再始動。

かかりは良く1000rpmで安定。

アイドリングのバラつきもなく、とてつもなく安定。

ちょっと感動、フロートレベル調整でこんなにも変わるものなのか。

がしかし、エンジン暖機とともにバラつきだしバランスはこんな感じ。

あまりくるってないね。

バランス点検2



バランス調整ってほんとに苦労します。

一つずつ合わせていくってわけにはいかなくて、常に4っつをみながらの調整。

30分位かかってようやく同調完了。

バランス調整後

アイドリングは1200rpmで安定。

アイドリング

CO・HCメーターで各気筒の排気ガスを見れば濃いか薄いかはすぐわかるんだけど。

プラグの焼け具合はめんどうなんでパス。

エアースクリュー調整は何回やっても今一。

よくわかりません。

車のソレックスやウェーバーキャブのほうが楽かもね。

バイクのキャブって単純だけど奥が深い!。

今日は天気が悪く試走できなかったので来週ツーリングで確認です。

メインジェット115番から110番に変更効果は如何に。







BBQ~某所

昨日は会社の年1回のBBQ行事。

各部署、店舗毎に分かれて行います。

私たちは秋田市雄和の中央公園で行う予定でしたが、天気が悪く潟上市天王の○○公民館でやりました。

外もいいけど公民館を貸し切って軒下で焼肉。

豚汁等の調理は立派な台所があるんでこちらで。

黒毛和牛

公民館の中はこんな感じで広々。

公民館

イカ焼き

串具材

ウインナー




フライパンを使って新米でご飯炊き。

御飯炊き

これが意外なほどに旨い!

炊上り



こちらは天婦羅、こりゃまた美味しい!

串天婦羅


こちらは唐揚げ。

フライドポテト

具材は多種。

揚物

豚汁もありましたが写真なし(すみません)。

あまりの旨さに食べるのに夢中でした。




イカゲソ


メインのスペアリブ。

肉を焼く前にすでに腹いっぱいで食べれませんでした。

スペアリブ

この茶碗蒸し、超旨い。

某男子が一人で作ったもの、信じられませんね。

次回からは定番になりそうです。

茶碗蒸し

青空の下でやるのもいいけど、食べるだけの私は公民館BBQがベストかも。

女性陣が頑張ったおかげで美味しものを沢山食べさせていただきました。

感謝感激です、ありがとうございました。


CBキャブOH~その3

いつまで続くCBのキャブOH。

今日は会社の年一回恒例バーベキュー大会(後日アップ)。

終わってから速攻帰りCBのキャブOHです。

油面の高さに納得いかず再調整。

フロートカバー取付け上面より下であればいいかな。

2番がやたら高くフロート調整部を見ると明らかに高い。

やっぱり2番からオーバーフローしてる!。

どうする?。

試しに1番と2番のフロート&ニードルを入れ変えてみたら、いい感じ。

なんじゃこりゃ。

ニードルバルブシートとの相性か?。

結果良ければすべてよしってことで。

3番・4番も調整してこんな感じ。

再調整1

試しにエンジンをかけて油面を確認。

いいじゃない!、こりゃいけそう!。

再調整2

これにて油面調整は終了。





せっかくなんでニュートラルスイッチのOリング交換もやっちまいます。

以前から床にオイルがたれてる跡があり、ここが怪しく部品を取り寄せてました。

いざやろうと見たらフレームと1番マフラーがじゃまで工具が入らない。

なんてこった!。

しからば1番マフラーを外してみるか。

マフラー外し

マフラーをはずしたら見えました。

やっぱり漏れてる。

しかし漏れの原因がOリングかスイッチ内部からかは不明。

順番からいってまずはOリング交換ですね。

Nスイッチ

スイッチをどうやって外すか。

ロックワッシャーを外せばどうにかなりそう。

Nスイッチ2

ロック(まわり止め)を外しスイッチ本体を回してみても外れない。

回してダメならひっこ抜くか。

ビスを取り付け引っ張ったらあっけなくズボっと抜けた!。

Nスイッチ3







新品Oリング

新品Oリングにこれでもかって程にシリコングリスを塗布。

Oリング取付

スイッチを取り付けて1番マフラーをつけて終了。






ついでのついでにエアクリーナファンネル?交換。

ケースの上下を分割するためにステーを外します。

今度はビス(ボルト?)が弛まない。

こういう場合はドライバーにバイスプライヤをかませて回すと一発OK。

27ケースボルト


25旧ファンネル

2番と3番のファンネルが変形してる。

26旧ファンネル2

あまり影響がないと思いますが交換。

29新ファンネル

ファンネルの取り付けに上下があります、要注意。

30ファンネル角度

ケースパッキンも交換。

28ケースPK


エアクリーナは純正が高いんで社外品と交換。

24エアクリーナ比較

さて次はエアクリーナをつけてキャブバランス調整。

外は暗くなり、ロック&フワからは小屋から早く出て行けってアイビーム。

よって今日はここまで。


博多~鷹巣

鷹巣町の九州ラーメン博多。

3回目の訪問、お連れさんのお気に入り。

ここ3年間で同じラーメン屋さんに3回以上てのは超珍しいです。

博多看板

メニュー2

メニュー3

メニュー看板


今まで食べたことがない長崎チャンポンを注文。

チャンポンメン

チャンポンメン2

チャンポン1

チャンポン2

チャンポン3

チャンポン麺

チャンポンスープ

ラーメンpop

長崎チャンポンって30年位振りに食べたんで、チャンポンってどうなのかさっぱりわかりません。

しかも本場長崎では食べたことなし。

でも美味しかったのでOKです。





以前食べたラーメン&チャーハン。

チャーハン&ラーメン

辛味噌野菜ラーメン。

辛味噌野菜

秋田県鷹巣で何故に九州博多ラーメンなのかいまだに不明。

いつか聞いてみます。



信太そば~羽後町

雄勝郡羽後町貝沢の三輪小学校近くにある「信太そばや」

盆踊りで有名な西馬内地区の人気そばや。

「弥助そば」、「松屋」、「小太郎」、「信太そば」がメジャーなところか。

信太そば外観

信太そばや看板

信太暖簾

信太店内

信太店内2


信太メニュー3

信太メニュー4

メニューを見るとそばやっていうより食堂って雰囲気。

信太メニュー

信太メニュー2


スペシャル中華(天ぷら卵入り)と注文。

スペシャル中華

旨そう。

スペシャル中華2


天ぷら2

ころもがでかいと思いきや中のエビも大きかった。

天ぷら


チャシュー


自家製のちじれ細麺。

中華麺

中華スープ

甘しょっぱいけどマイルドな鶏醤油スープは私好み。




人形

そば屋の中華、美味しかったです。



CBキャブOH~その2

今週は毎朝早起きしてキャブオーバーホール。

というかフロートレベル調整。

高さは26mmに合わせたんだけど、いざ油面がどうなっているか疑問。

油面についてはマニュアルにはついてないんだよねぇ~。

まずは油面確認用のホースを取り付けるための部品探しからスタート。

取り付け場所はフロートカバーのドレンボルトからの取り出しになるのでここにホースを取り付けるアダプター探し。



フロート高さを26mmに調整(したつもり)。

21調整後


キャブを取り付け。

23キャブ取付



油面確認用ホースと取り出しに使うグリスニップルをホームセンターで調達。

ニップルのピッチが1.0を購入したですが大外れ!。

実は0.75、再度買い直し。

31燃料ホース


ニップルはこんな感じ。

32ニップル1


ニップルの頭(内部)はグリス注入口に丸いボールがスプリングに押されているので、ドリルで穴をあけてスプリングを取り出し貫通させます。

これでホースを取り付ければバッチリ(の予定)。

33ニップル2


ニップルのネジ部に水道補修用のOリングをつけます。

本来であればガソリン用を使わなければいけないんだけど、短時間なんでOK(勝手に判断)。

34Oリング



ホースをドレンプラグの場所に無事セット。

念のためにオーバーフローホースも取付け。

ホースセット


オーバーフローパイプの先はペットボトルに入れて確認です。

ドレンホース2




すべてのホースをつないでガソリンを入れます。

しかし3番は油面が上がりましたが他は反応なし。

35ホース取付

一旦フロートカバーを外してエア抜きしたらバッチリ。

結果はこんな状態。

左側から4番が高く3番が低い。

36前レベル2



キャブを取り付けたままフロートカバーを外し調整。

CBのキャブってバンドで止まっているんで超やりやすいです。

37フロート調整



さてどこに合わせたらいいのか?。

1番と2番が同じなんでここに合わせるか、でもこんなんでいいんだろうか?。

38調整後2


39調整後1



4本そろってますが、油面が結構上まで来てるような気がしますね。

40レベルアップ

さてどうする?。

オーバーフローしてないんで良しとするか。

ちょっと考えます。


R camp ~ 弘前

弘前市の「R camp」。

ラーメン屋とは思えない店名。

外観もとてもラーメン屋とは見えない。

Rcamp外観2


店内も厨房をコの字型に囲んだカウンターが、いかした酒場の雰囲気。

カウンター


ビールが美味しいんだろうか。

旗

厨房


厨房の中には若い店主(たぶん)と奥さん(たぶん)が真剣勝負。

秋田県本荘市にある松韻に似てるけどアットホーム的。

この間合い、雰囲気はいいですねぇ~。

厨房2



メニューはラーメン3種類。

メニュー

わざわざ6人用にテーブルをセットしていただきました。

テーブル待ち




濃厚鶏白湯煮干ラーメンをオーダー。

濃厚鶏白湯煮干

芸術的。

煮干2

このつくね?、ゆずかレモンが入っていて今まで食べたことのない味。

これいけますよ!。

つくね

チャシューは分厚いですがトロトロ。

チャシュー

中太ストレート麺は喉越しよく食感もよくスルスルはいっていきます。

煮干麺

煮干スープ

濃厚煮干ですが、甘みがありニボニボしすぎず、逆にすっきりし感じ。

こんな煮干ラーメンもあるんだなって改めて感心。

店主&奥さん?の接客といい、弘前まで来てよかったです。



こちらはサイドメニューのミニ辛味噌丼+生卵。

辛味噌1

こりゃまた食べたことのない味。

あっという間に完食。

辛味噌


Rcamp名刺1

ここの店 「R camp」 は昼はラーメン、夜はお酒や沖縄料理を楽しめるラーメン居酒屋とのこと。

そういやカウンターにビールサーバーがありましたが「カールスバーグ」のようです。

夜に行ってビール飲みながら鶏白湯ラーメンを食べるってのもいいかもね。

秋田じゃないようなジャンルのお店でした。


青森八甲田ツーリング2

ハーレーのエンジンも無事?に始動し道の駅ひろさきを目指して出発。

天気が怪しいけどどうにか持ちそう。

ここからは黒猫さんに先導してもらい私は最後尾。

18碇ヶ関7



シゲさんのジャケット(合羽?)はイエローコーン。

バイクと同色でかっこいいです。

デビルマフラーはいい音だしてます。

Vツインって低回転はドドドドドで回転が上がると$$$$$って、そして土----って音(意味不明か)。

総じていい音ってことです。

19碇ヶ関8


15分位で道の駅ひろさきに到着、あまりにも近すぎ。

20道の駅弘前1

21道の駅弘前




ここで水木精肉店の味付豚ホルモンをGET。

22ホルモンラベル

さっそく家に帰って食べた写真。

肉厚で旨い、久々のヒット!、このホルモンはお勧め。

23ホルモン





ここから国道7号の弘前大橋を渡り次の稲越信号を左折して260号に入ります。

そして109号にぶつかる信号を左折し並木通りに入ってすぐに目的地の「アールキャンプ」。

意外とすんなり行けました。

24Rcamp.jpg

アールキャンプの模様は後日アップします。



25標識

念願?の煮干ラーメンを食べた後は道の駅いなかだてを目指して出発。

ハーレーのエンジンはグウグウいいながら始動。

109号を東北自動車道の黒石インターに向かっていくと道の駅いなかだてがあります。

この道路は途中まで片側3車線!。

交通量が少ないのになんでこんないい道路をつくるんでしょ?。

腹ペコの人間に、味噌&塩&醤油ラーメンまとめて3杯食べてみろって感じか(またもや意味不明)。


出発して20分位で到着。

26いなかだて

ここの道の駅の隣(後ろか)にウインズ津軽って場外競馬場(たぶん)。

カーレース場のようなゲート。

27ウインズ津軽


28田舎館

29いなかだて看板


ここでスターウオーズの田んぼアートがまだあったんですねぇ~。

周りの田んぼの稲刈りが終わってたんでてっきり田んぼアートも刈り取られたと思ってました。

後で写真を見たらこの看板には田んぼアートの矢印があるもんね、残念でした。

黒猫氏は見れたようでした。

30弥生の里

このプリン、買う人いるんだろうか。

31丼プリンアップ



このあとどうするか。

まだ午後1時ちょっとすぎたところ。

102号を通って十和田湖に行く予定でしたが時間があるので思い切って394号から城ヶ倉経由で酸ヶ湯温泉に行くことに。

まずはガソリンスタンド。

174kmはしって8.4リットル。

燃費は20.7km、まあまあかな。

でも帰りの距離を考えると給油無で帰れるか微妙。

まずは出発。



まっすぐ行くと十和田湖滝ノ沢。

ここを左折して城ヶ倉方面に。

32山

102号の途中から394号に。

この道路は中速ワインディングだらけで走りごたえがあるんですが、今日は前にトラック!。

中途半端なスピードで越すに越されず城ヶ倉までチンタラーズアベニュー。

最高のステージだったのに最低の走りでした。



無事?に城ヶ倉に到着。

37堤川橋

33城ヶ倉看板

34城ヶ倉

35たぬき

なんでお賽銭をあげてるんでしょ?、不明。

36きつね

37きつね2


橋の上から見た北側風景。

下は怖くて見れません、ビビりモードMAX。

38城ヶ倉南

遠くに岩木山が見えます。

39岩木山

南側には八甲田。

あと1週間くらいで紅葉かな。

40城ヶ倉北


橋の上で記念写真。

奥の山は八甲田山。

41城ヶ倉写真


ここから5分くらいで103号に入り十和田湖方面にちょっと行くと酸ヶ湯温泉。

42酸ケ湯3


メジャーな温泉だけあって駐車場は満杯。

42酸ケ湯4

玄関の写真を撮って速攻次の蔦温泉に向かいます。

43酸ケ湯

44酸ケ湯2


この103号は交通量が多いのか路面が荒れまくり。

そして観光客の車で一杯。

酸ヶ湯温泉から蔦温泉までは紅葉が真っ盛り。

途中止まっての見学は余裕がなくてパス。


20分位で蔦温泉に到着。

湯治場らしく風情がいいです。

45蔦温泉

46蔦温泉5

47蔦温泉2

48犬

49蔦温泉3

50蔦温泉4

温泉の隣にお土産屋さんがあったんですが、「そこに止めないでくださぁ~い」ってアナウンス。

めんどくさいんで速攻出発。


このあと超メジャーな十和田湖奥入瀬渓流をパスし、となりのバイパスを行くことに。

ここは上り2車線のフリーウエイ。

対向車はほぼ皆無にほど近く高速ワインディングを飛ばし放題。

バイパスを上りきってから十和田湖におりる道は枯葉がところどころあってヤバかったです。


どうにかこうにか秋田県の発荷峠に到着。

51発荷駐車場

52発荷峠

53発荷峠2

54発荷看板

十和田湖が綺麗。

55十和田湖

56発荷峠1

午後3時30分、ここから2時間で秋田市に帰れるか。

無理でしょうねぇ~、今回も明るいうちに帰れそうもないな。

さてエンジンをかけて出発するかと思いきや、グウグウばかりでかかる気配はなし。

ここは思い切って発荷峠の下りを利用しての押し掛け(押さないけど)!

ギヤをサードに入れて下り開始。

10mくらいいったところでクラッチをつないだらドババババぁ~と始動。

よかったよかった。

当初は樹海ラインのワインディングから小坂町経由大館で帰る予定でしたが時間が押しているんで103号毛馬内から285号で帰るルートに変更。


285号の比内に入ったところの道の駅とっと館?で休憩。

57とっと館

エンジンを止めると掛りそうもないのでかけっぱなしで駐車。

58とっとかん2

最終休憩地の道の駅五城目まで一騎走り。

午後6時近くに到着。

あたりはもう真っ暗、ここからは流れ解散。

給油してからここまで220kmはしってるのに給油ランプがまだ点かない。

後半は燃費がいいのか。

と思っていたら出発してすぐに点灯、なんじゃぁ~こりゃ。

家まで20km位、ガソリンがもつか?。

ランプ点灯しても2リットル位はあるはず。

自宅近くまで黒猫氏&トドリさんもいるしドキドキハラハラしながらもGO!。

59夜メーター1


60帰着

午後6時半、無事に自宅到着。

本日の走行414km。

給油してから240km走行、よく持ちこたえました。

お疲れ様でした。


青森八甲田ツーリング1

月曜日、前日の予報は晴、朝起きたら曇り、そして寒い!。

青森県弘前市の煮干ラーメン「R camp」(アールキャンプ)を求めてのツーリング。

朝7時20分頃自宅出発。

今日はハーレーで行くぞぉ~、と意気込んでセルボタンを押したら「グゥ~、グゥ~」で撃沈。

昨日バッテリーを充電したのになんてこった!。

急いで急速充電器をつないでエンジン始動。

さてどうする。

走ればなんとか充電するとの安易な気持ちで行くかぁ~。

しかしながら万が一のことを思ってブースターケーブルを持参。

こういう時にボックスが付いてるってのは大助かり。

まずは集合場所のローソンまで行ってみるかってことでスタート。


今日は月曜日。

自分は休日だけど世の中は仕事ってのをすっかり忘れて渋滞地獄。

回り道をしながらやっとこローソンに到着。

1ローソン集合

当然のごとく皆さん来てます。

雨がポツポツ降ってきたんで早々と出発、8:00。

2ローソン集合2

農免⇒285号は路面がウエット状態。

途中の温度表示は10℃、冬用のジャケット着てきてよかった。

まずは道の駅上小阿仁で休憩。

3上小阿仁2

ハーレーに風防を付けたんで小雨ぐらいはへちゃら。

4上小阿仁1

しばし休憩後、エンジンをかけたらまたまた「グゥ~、グゥ~」といいながら始動、ラッキー。

285号から大館自動車専用道路に入り道の駅碇ヶ関を目指します。

5大館道路

大館に入ると路面は乾燥。

天気予報では青森は終日晴。

でもたぶんはずれそう。

6大館道路2

7大館道路3

8大館道路4

9大館道路5

自動車専用道路の大館北インターでおりて国道7号です。



道の駅碇ヶ関。

10碇ヶ関

道の駅の向いにあった怪しげなマムシ堂。

11マムシ堂


いくらか気温が上がっても13℃。

12碇ヶ関4

しばし道の駅内を見学。

13碇ヶ関1

14碇ヶ関2

15碇ヶ関3

16碇ヶ関5


休憩した後、いざ出発。

やはりセルの勢いがなくエンジンが掛らない。

今度はかからないMAX状態。

諦めてシゲさんのバッテリーからブースターケーブルでかけようと一旦キーを抜いて、またためしにセルを回したら何故かかかった!。

かかればこちらのものってことで出発でした。

17碇ヶ関待機

でもだんだんかかりづらくなってるねぇ~、この先どうなるんだろ。


続きは明日。


南園~大曲

大曲高校近くの「ラーメンの店 南園」。

今年2回目の訪問。

南園マット

入口のフロアマット。

南園外観


南園メニュー

前回はタンタンメンを食べたんで今回はネギチャシューメン(醤油)を注文。

チャシューメン



ネギチャシュー2

チャシューは豚バラの細切れ。

ネギ2


ネギがもう少しインパクトがあってもいいのでは。

ネギ


麺アップ

最後までアツアツのスープ。

スープ

鶏ガラ系スープはピリッとした適度な辛さで美味しい。




こちらは以前食べたタンタンメン。

タンタン麺

午後1時すぎても順番待ちの行列、ひさびさに並びました。

地元に愛されるラーメン屋さんかな。




食べた後、国道13号を横手に向かう途中に見たきれいな「虹」。

虹

局地的豪雨でした。





CBキャブOH~その1

先日のツーリングでキャブオーバーフロー発生。

キャブOHをやらなくてはと思いつつなかなかやれず、ようやく重い腰を上げてスタート。

いつもながらエアクリーナBOXがが外しづらい。

パワーフィルターをつければ楽か、と思いつつ黙々と作業。

キャブ外し


フロートレベルがばらばら。

キャブ1



ニードルバルブを見たら1番だけがビヨォ~んと外れる!、こりゃヤバい。

ニードル2


3年前に新品と交換してるんで、もしかしてサイズが違っているのかと思い測定。

左が旧品、右が取り換えてた新品、結果はほぼ一緒。

ノズル

3年前に購入したリペアキット。

OHキット



左がもともとのニードルバルブ、右が新品ニードルバルブ。

ニードルバルブとシートの寸法はほぼ一緒なのになんで高さがこうも違うの?。

フロートレベル


燃料インレットホースから息を吹きかけてフロートを持ち上げると通気の高さはほぼ一緒。

結果はニードルバルブのスプリングの張力が全然違うんだよねぇ~!。

新品はビンビン元気なのに、旧品はへたりまくり。

よって旧品は使えないな。

キャブ3

ということはどっかから探してくるか新品購入か。

でも新品つけて3年で逝かれるもんかな。



ついでにメインジェットをみたら115番。

フロート室

これも100番か110番に戻すべきか。

メインジェット

メインジェット115

ここまでやったらメインジェットのニードルも調整するべきか。

泥沼に突入予感!、しばし検討。



福士そば屋~鷹巣

20年位前に友人に連れられて行ってから久々の訪問。

北秋田市(鷹巣)にある老舗の福士そば屋。

そば屋ってくらいなんで蕎麦が主流と思いきやほとんどの人は中華そばを食べてます。

福士外観

福士暖簾

福士店内

福士店内2

福士メニュー1


福士メニュー2


中華そば大盛りチャシューを注文。

チャシュー大盛

チャシュー大盛2

メンマ

チャシュー

このチャーシューってもしかして馬肉かな?。

チャシューアップ



独特の白い素麺風の細麺。

喉越しよくスルスルはいっていきます。

中華麺

煮干&醤油スープはさっぱりして旨い。

飽きのこない味っていうんでしょうか。

中華スープ

20年前はおじさんとおばさん。

今はおじいちゃんとおばあちゃんが一生懸命頑張っていました。


プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR