FC2ブログ

CBオイル漏れ

以前より気になっていたCB750fourのドライブスプロケット付近からのオイル漏れ修理にトライ。

先日部品(オイルシール、ガスケット)を注文し今日夕方にくるんでは、との予測での修理です。

チェンジペダルを外し、ギヤケースカバー取り外し。

うまくやればカバーを外さなくてもできるみたい、後で気が付きました。

1ケース緩ます

複雑ですねぇ~。

2ケース取外し

結構な漏れです。

ツーリングに行ったあと、床にオイルの跡があるんでこれに間違いないでしょう。

3オイル漏れ

3外観

ドライブスプロケットに調整用のネジがありますがなんだろ?。

4調整突出し

マニュアル見たらチェーンへの給油調整用ボルトですね。

どうやってやってんだろ?。


13マニュアル

5アジャスタ取外し

アジャスティングボルト。

6アジャストボルト

ドライブスプロケット取り外し。

チェーンがゆるめだったんでスポッと抜けました。

7スプロケ取外し

8スプロケット

ここのシャフトオイルシールかなと思ってたら、どうやら違うようですね。

9オイルシール

シャフトに空いてる穴はなんだろ?。

10ホールアップ


いろいろ調べてみたらこれですよ!。

修理にかかる前に調べてたらスムーズにいったのに、いつもの早とちりの癖がでました。

シャフトの中心(中)をオイルが通ってこの穴からオイルが噴き出てチェーンに給油って構造。


11チェーン給油

そして前になにかのオイルシールを注文してた記憶がよみがえり、部品庫(机の引出)を確認したらありました。

どうしましょ?。

もしものための在庫かな。

10部品

14洗浄

調整比較。

12アジャスタ比較

オイル量を減らすようにアジャスティングボルトをいっぱい締めこんでシリコングリスをたっぷり着けて組込み。

ついでにカウンターシャフトベアリングにもこれでもかっていうくらいシリコングリスを注入。

おそらくですけどここのベアリングから音が出てきている思います。

まぁ~気休めですね。

15カウンターベアリング

ついでにギヤケースカバー磨き。

16ケース

電動ドリルで磨きまくり。

17磨き

もう少し根性あればピカピカになるんですが。

18磨き後

19完成

スプロケットをつけてカバーをつけて今日は終了。

確認は後日。

これで漏れたらオイル吐出用の穴をシールパッキンで強制的に塞ぐしかないですね。

タコメーターケーブル取り付け部のオイルシールからのオイル漏れもあるし、これは次回としましょう。





スポンサーサイト



プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR