FC2ブログ

CBクラッチOH

先日CB車検引き渡し時に、アベちゃん(依頼先の社長さん)から「そろそろクラッチを交換したほうがいいですよ」ってアドバイス。

実はいつか交換しようかと部品は購入してましたが、なかなかやる気が起きずそのままに。

しかし、アベちゃんの忠告が引き金となりいざ実行。

調達部品の再確認

部品中身

クラッチプレート、ディスク、スプリング。

ロックナット用の特殊工具。

このロックナットレンチはミニバイク用とは笑っちゃいますね。

クラッチ部品


マニュアル1

部品の中にマニュアルのコピーが同封されてました。

闇屋さん、親切です。

マニュアル2

工具はホームセンター「コメリ」から特売で購入したもの。

たしか1,000円でおつりがきたと思います。

いろんな工具を使いましたが、これ使い易くていいです。

工具



それでは試合開始。




まずはキックレバーの取り外し。

側面

マニュアル設置

メッキカバーを外すとワイヤー取付け部がこんにちは。

クラッチ1

ハウジングを止めてるボルトが固い!。

ドライバーにモンキーレンチをかましてパキパキ無事に取り外し。

ハウジング

クラッチケース

真ん中のリテーナの下に3個のローラー。

クラッチローラー

左がクラッチレバーを放してるとき。

右はクラッチレバーを握ったとき。

ボールの上下でクラッチプレートを押してるとはビックリでした。

ボールリテーナ比較



次はプレートの取り外し。

4本のボルトの奥にはスプリングがあります。

プレート外し


プレートを外した後に出てくるのがクラッチケースをとめてるロックナット。

ロックナット

ロックナットを緩ますのが一苦労。

ナットの取り付け軸がフリーなんでどうやったらいいのか?。

リヤタイヤを地面に着けてギアを入れてブレーキ踏んで抵抗をかけてやったらいいのか?。

でも一人じゃできないし。

結局プレートにボルトをつけてトライバーで固定して緩ます。

運よく緩んだのはいいけどボルトが曲がった!。

ロックナット外し

外れたプレートとディスク。

クラッチ取外し

外した奥はこんな感じ。

ハウジング内部

左がついてたディスク。

右が新品ディスク。

切欠きが違います、もしかして改良されてるんでは?。

ディスク新旧比較



ディスク測定

上が新品、下が現在部品。

現在ついてるのは基準値以内でした、新品をあまり変わらず。

スプリング測定



クラッチディスクにたっぷりオイルを塗布し組み込み。

クラッチ組込


せっかくベアリングも取り寄せてたんで思い切って交換。

ベアリング表裏

ベアリングの内側にボックスレンチをあてて上からたたいて取り外し。

ベアリング外し

リフターピース



これ取り付ける前にロックナットを取り付けるんだけど外すときより難儀。

マニュアルにはどうやって脱着をやればいいのか書いてません。

知らないのは私だけかな?。

リフタープレート

ガスケットを剥がして交換。

いつもは交換用ガスケットにシール剤を塗りますが今日は省略。

たぶん大丈夫との野生の感?。

ガスケット剥

カバーを取り付けてレバーをクラッチワイヤーに取り付けようとしたらつかない!。

レバーの位置が違うみたい、これってローラーの位置と関係があるんでは。

再度カバーを外してローラーを見たら、やはり位置が違う!。

マニュアルに書いてないじゃん、と独り言をいいながらやり直し。

ワイヤー調整して完了。


すったもんだした挙句(独り相撲か)、すべて組み上げた後、試運転。



道の駅岩城のとなりの漁港まで。

試走1

クラッチは軽くなり、キレも以前より良くなっている。

なかなかいい感じ。

試走2

試走3

調子いいぞ!。

自販機ではじける爽快感を味わう。

サイダー

自販機の隣に咲いてた花が綺麗。

花


マニュアルでは簡単そうに思いましたが、やってみると予想外。

難関はロックナットの脱着でした。

でも交換後は大満足でしたんで、結果オーライとしましょう!


スポンサーサイト



プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR