FC2ブログ

Revival 4

入院5日~6日目

この頃から微妙なけいれんが発生、そして寝返りをうつたびに左耳内部(たぶん頭の中)からボコボコ音がしだいに聴力が低下、まるでプールの中にでも入っているような状態、医師からいろいろ聴かれてやはり左の骨内部に水が入ってるってことに、でも想定内か。
医師によれば聴神経は大丈夫なんで時間たって水がなくなればよくなるだろうっていうけどどれくらいかは不明、耳鼻科へ紹介状を書くんで退院後に行ってみてもらうようにとのことでした、まぁ~しょうがないね。

25日朝
5日目の朝食
25朝2
納豆がついてるよ、納豆大好き人間としてがこれだけでもOKです。
25日朝3
味噌汁の隣はキャビアかな、なんちゃって「とんぶり」でした。
25日桜2
入院して5日目、入院時はつぼみだった桜が満開です。
25日桜

5日目の昼食
25日昼

2014年お雑煮

5日目の夕食
25日夜

25日夜2

25日夜3

手術が終わったらもうやることないもんね、食べるのが仕事か、後は10日目の抜鈎(ばっく)、糸で縫った場合は抜糸でホッチキスなんで抜鈎だそうです。

6日目朝食
26日朝
しつこく出てくるオレンジジュース、アップルジュースならいいんだけどって看護師さんにいったら無理でしょうだって。
26日朝2

26日朝3

6日目昼食
26日昼
カレーですよカレー、がしかしいかにも小麦粉が多そうな昭和の匂いがするカレーです、懐かしいのはいいんだけどいまどきどうかな。
26日昼2

26日昼4
たまたま真ん中から食べてたらこんな文字が顔をだしました「脳研」、オリジナルブランドか?、でもこの文字が出てきたとたん一瞬引けましたね。
26日昼3

6日目夕食
26日夜

26日夜2

26日夜3

点滴も取れ傷口を覆っていたガーゼも取れ、奥さんにどうなってるって聞いたら見た途端ビビりまくりで参りました、写真を撮ってもらって自分でもみましたが、ほんとうに傷口をホッチキスで止めてありこんなんでいいのかなって思いましたよ、あまりに過激な画像なんで写真掲載は無です。


スポンサーサイト



Revival 3

入院3日目(手術日)~4日目

ベットが変わった瞬間から腰のだるさ、左手術部、左頭頂部(ボルト固定部ホッチキス)がボワぁっと鈍痛。
顔面けいれんは治っている、耳も聞こえる、がしかし左右に寝返りするたびに左耳内部がボコボコ音がでる。
SCU(集中治療室)はたしか馬小屋タイプの7~8人部屋、手術室の隣にありナースステーションもこの中にあるってことで、3階半分がワンフロアになってるようです、当然看護師や医師の部屋からの通路も兼ねており騒々しい。
看護師は一人一人ノートパソコンを持っており常に状況を入力してました。

私はといえば左甲に点滴の針=計器で点滴注入、右腕には血圧測定器具を取り付け、胸には心電図用のコード、中指にはなんかわかんないけどキャップ(測定用)が付いてる、これを集中管理するオシロスコープ。
ここだけはドラマの集中治療と同じようです、なんか物々しい。

定期的かどうかわかりませんが看護師からよく聞かれたのが「お名前は、生年月日は、今日は何日ですか、ここはどこですか」です。
手術後から翌日朝7時頃までほとんど寝られず、時間ってこんなに長かったけって苦痛、我慢できず痛み止めをお願いし座薬をやってもらったらだいぶ楽になりましたね、我慢せずもっと早くいっていればと後悔しきりでした。

なんだかんだ言って昼です、まずはCT検査、検査後に排尿用のチューブを抜きましたがこりゃまた痛かった、そして手術して1日しかたってないのに昼食?、でも食べれるもんなんですね、味は記憶無(写真もなし)。
昼食後に歯を磨くように言われて部屋内にある洗面所で自分の顔を鏡でみたらあの世の顔でビックリ!。

昼食後はまた4階病棟に移動です、今思えばこの時期が一番調子のいい時期でした。

24日夜
魚のホイル蒸し焼き定食でしょうか、可もなく不可もなくって感じ。
24日夜2

24日夜3

左後頭部から耳にかけてでかいガーゼで覆い、左手で点滴スタンドを引きずりながらトイレにいく姿をみて皆さん気の毒そうに見てましたね、いくら脳研といえども手術する人ってあまりいないようですもんね。 ⇒Revival 4に続く

Revival 2

入院2日目(手術前日)

昨日のCT検査結果の説明で衝撃の事実を言い渡され少々撃沈、私の左耳付け根頭蓋骨が右(正常)と比べて異常に大きくくぼんでいるとのこと、画像で見る限り2cm大のくぼみがる、これがあるとどうなるか、医師は「手術時に脳内の水がここに入り込み耳が聞こえずらくなります、しかし時間とともに吸収されるんでよくなると思います」って、よりにもよって左側とは運が悪い、しかしここまできたらやるしかない。

2日目朝食
22日朝
きわめて質素な朝食、野菜のおひたしにかまぼこ2個。
22日朝2
私は乳製品(特に牛乳)がダメなんで事前の食事ヒアリングで申し出てたらこのオレンジジュースが出てきました、が甘すぎて飲めずでした。
22日朝4
ご飯やみそ汁の器も考えてますね、底に行くほど厚くなっているので熱さがあまり手に伝わってこないのでいい感じです。
22日朝5
これはお茶入れです、取っ手がカップ底まできていてひっくり返りにくく持ちやすいです、これはいいかもです。

2日目昼食 (御花見御弁当)
22日昼
こちらは運が良かったのか特注「御花見御弁当」でした、お品書きまで付いてきていやはや豪華でした。
22日昼3
この天婦羅は美味しかったです。
22日昼5

22日昼2
夕方ころ麻酔科の医師から手術麻酔の説明について丁寧にありました、医師から「麻酔が覚めたときに確認のために名前を呼びますので何と呼べばいいですか?」って聞かれ「ドンジャラス」って言いそうになりましたがここは冗談言ってる場合じゃないと思い「苗字でお願いします」って言ったところ「わかりました。以前ありきたりの苗字の方でいくら呼んでも他人だと思って返事しないかたがいて1時間もたってから自分だって返事したかたがおりました」、こういうかたがいるんですね。

2日夕食 (最後の晩餐)
22日夜
鮭のあんかけ定食ってところでしょうか、豆腐の味噌汁は美味しかったです。
22日夜2
手術前だというのに食欲だけはありましたね。
看護師さんが心配してくれて眠れなかったら眠り薬を出しますからって何回も言っていただきましたが貰いませんでした。
だいぶ前ですが全身麻酔の経験があり、最近医療ドラマ(医龍)を見てるんでっていったらすかさず「あれって違うんですよねぇ~、あんなのはないですよ」だって。

入院3日目(手術当日:手術時間10時~15時予定)

朝食は無、9時に左腕に気持ちを和らげる注射(もしかして覚醒剤系)をし、10時ちょっと前に病室のベットごと手術室にGO!、意外と落ち着いてる自分にビックリです。
4階病室から3階手術室に運ばれるまで、すれ違う人はジロジロ見るしまるで有名人でもなった気分です。
手術室に入ってから上を見上げると無反射ライトが円形に10個、隣にサブライトがある、もしかして医療ドラマでは2階から見渡せる見学ブースがあるんではと思いましたが頭を動かせず確認できませんでした。
これからどうやって麻酔をするんだろうって思ってたらもう記憶がありませんでした、俺って麻酔が効きやすい体質なのかな。

手術は左耳の後ろを8cm位切って頭蓋骨に五百円玉くらいの穴をあけてここから顕微鏡を使って行います。
ここには顔面のあらゆる神経が集中しており特に耳と声に影響度が大きいので神経が大丈夫か脳波を測定しながら手術をするそうです。
術後説明
手術後に医師から私の奥さんに丁寧に図解説明していただいたものです、手術自体は成功でした。

手術終了後は3階SCU(集中治療室)で手術用ベットから治療室ベットに移動です、ここで意識が戻りました。
このとき「頭をホッチキスで止めます」のような声が聞こえてきてガチャンガチャン、後でわかったんですが手術中に頭部が動かないようにボルトで3ケ所固定するんですね、このボルトを取った時の傷を塞ぐためのホッチキスです。
ちなみに手術した後は糸で縫い合わせると思いましたが、こちらもホッチキスで全部で15ケ所位です。

ベットがかわった瞬間、腰が痛いっていうか疲れたっていうか手術の痛みよりこちらがつらかったですね。
ここから地獄の12時間の始まりです。 ⇒ 続きはRevival3で


プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR