FC2ブログ

CBオイル交換

そろそろバイクに乗る準備をしなければと思い、まずはCBのオイル交換をやることに。
オイル抜きはオイルパンドレンコックからとリザーバータンクからの2ケ所です、オイルパンは簡単ですがリザーバーがチトやっかいです。
オイルパン
前回から2500km位走っているんで結構汚れてます。
サイドオイル
今回はじょうごとホースの組み合わせでバッチリと思いきややちゃいました。
サイドオイル抜き
時はすでに遅し、じょうごの出口が小さく溜まりまくりでオーバーフローでした、そういえば前回もこんなんだったような、過去の経験が全く生かされないドジなことでした。
ゾイル
前回同様にフラッシングゾイルで内部洗浄です、効果があるのか無いのかよくわかりませんが自己満足ですね。
ゾイル注入
ほとんど無色透明です。
ブレーキクリーナ
オイルを購入したときにブレーキクリーナが190円と安かったので購入しといてよかったです、これで油汚れをシュッと一吹き。
サイド紙カバー
エンジンを15分間回しフラッシング終了、オイルを抜くときはやはりこれでした。
オイルエレメント
オイルエレメントはキジマの汎用品です、ネットでいろいろ探しましたが近くの「パソコンの館」で1050円のが800円で販売してたので速攻購入です。
オイル
オイルはモトレックスのフォーミュラー4Tで15W50が欲しかったんですが製造中止とのことで10W40にしました。(前回は15W50)
このグレードの部分合成油で4742円は一番安いんではと思います、他のオイルは高すぎて手がでません。冬場は乗らないし夏のことを考えると15W50がいいと思うんですが、どうなるか。
オイル入れ
モトレックスの容器は注入しやすいように入口が伸びるんで助かります。
エンジン始動
いよいよエンジン始動、なんか変わったか?、昨年の記憶がないのでわからず!、やっぱボケてるのかな。
スプロケット
昨年オイル交換のときに気になっていたプライマリースプロケット奥からのオイル漏れ、前回何も手を付けてなくどうなってるのかカバーを外したらオイルが漏れてるぅ~!、って当たり前か。ブレーキクリーナできれいにしておいて、オイルシールは準備しているので気が向いたら修理します。
アイランドブリッジ
やっぱ試運転だよね、コースはお決まりの道の駅岩城です、ここの橋ってアイランドブリッジって初めてしりました、ハタハタ釣りのときに渡るところです。
岩城
CBを写真撮るとタンクの色が茶色のように見えますが赤メタリックです。
ミラー
今日はショウエイのマルチティックにボスジャンです。
ボスジャン
このボスジャンは1999年12月~2000年2月に行われたサントリーの懸賞応募で当選していただいたものです。
応募シール15枚1口で、期間中毎週最低5枚は出してましたってことは毎週75缶かな、実は全部自分で買ってたんではなく会社の自動販売機脇に捨ててあったのを拾いまくりで必死でためてました、今思えばバカだよね。
応募終了の2月末になっても当選ならず、3月中旬まで送り続けたら3月末になって当選しボスジャンが到着しました。サントリーの抽選担当の方が気の毒に思ったんだろうね。
ボスラベル

金属プレート
裏地はやわらかな肌触りのいいアクリルボア、真冬でもシャツ1枚でポカポカOKです。
2000年記念のメッセージ入り金属プレート、希少価値があるのかな。
靴
ズボンは皮ですがもうボロボロです、新しいのが欲しいんですが何せ先立つものがないんで我慢です。シューズはホンダHRCブランドのものではきやすくて気に入ってます。
今日は気温が13度で寒くもなく丁度よかったです、ツーリングに行けるのは来月かな。


スポンサーサイト



タイヤ交換

いよいよもってタイヤ交換2台やりました、オプティーとパジェロミニです。
パジェロミニは2月に我家にきました、ジープタイプの四駆の軽って他に乗ったことないんでよくわかりませんが、パジェロミニは高回転型でうなりながら走行でうるさいです、長距離は無理かもですね。
インパクト
ホイールナットの脱着は電動インパクトレンチです、エアータイプとどちらにするか悩みましたが手軽さを考慮し電動にしました、結果大正解です、結構力ありますよ。
インパクトタイヤ

ジャッキ
ジャッキはホームセンターから購入した2トン用です、これで十分です。
トルクレンチ
最後のナット増し締めはパイプをかませての人間トルクレンチ?です、長年の経験で規定トルクにバッチリ。
慣れない方がやると締めすぎてボルトを折ったり、緩んでホイールが脱落ってのがあります、私はっていうと一応プロです。(昔の話ですが)
空気入れ
これはパジェロミニのタイヤにエアーを入れてるところですが、悲しいかな自転車の空気入れです。
タイヤ交換で何が一番疲れるかっていうと空気入れなんですね、これを考えるとやっぱりコンプレッサーが欲しいです。
左フェンダー錆
問題なのがリヤ左右フェンダーの錆です、パジェロミニはここの錆と下周りの錆がウイークポイントみたいです。
下回りはシャシブラック塗装がしっかりしてあり錆はありませんが、リヤフェンダーはヤバい状態。
花咲G
ちょっと錆を落として「花咲G」でもやるかって気軽にやったら、鉄板が腐りまくりでボロボロでした。
左フェンダー錆とり
花咲Gはバイクの錆落しに使ったものですがなかなか優れものです、錆を落とすと同時に腐食防止もやるんでいいですよ、お勧めです・
左フェンダーテープ
錆を落とした後はガムテープ補修です、板金だとかなり修理代がかかるんでこれで我慢、あとでパテ埋めでもしておきます。
塗装
真っ黒だと目立つんで塗装スプレーでシュッと一吹き、タッチペンのほうはよかったみたい、あとでやり直します。
エンジンルーム
ついでにエンジンルームをみてみたら油漏れもなく結構きれいじゃんって満足。
エンジン
エンジンオイルのフィラーキャップを開けたらカムシャフトが見える!、オイルをまめに交換してるみたいでこちらもきれいです。
かんさいバイザー
リヤウインドウに今はみることがないサンバイザーを装着、こちらにはあとでフィルムを貼る予定です。
このパジェロミニはフェンダーの錆を除けばなかなかいい状態です、そのうち四駆の威力がどれくらいのものか砂浜にでも行ってみます。

プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR