FC2ブログ

スポーツスター今シーズン初乗り

XL1200Rの今シーズン初乗り。

昨シーズンは360kmしか乗らなかったの今年は?

たぶんあまり乗らないと思います。

シートが硬くて尻が痛くなるしクラッチが重い。

っていうより私の握力が低下してる。

梅雨の晴れ間にぶらっと岩城漁港、

1





2





3





6




7





4





8

桟橋近くに人がいる?



沖の方にもう一人。

どうやらサーフィンをやっているよう。

9




女性じゃないかな?、ガッツありますね。

10


岩城漁港から雄和に抜けて豊岩を回って帰宅。

試運転は50km。

バイクは絶好調なんだけど体調が今一。

来週のツーリングにどのバイクでいくか思案中。






スポンサーサイト



エアクリーナ交換

スポーツスターの真っ黒エアクリーナを交換。

ネットで社外品を注文してたのが届いたので早起きして交換。

新品エアクリーナ

上が新品、下がいままでついてたもの。

12年間で初めての交換。



ついでにスロットルボディーを点検。

インマニ




インマニ2

綺麗なもんです。

インジェクションは手間がかからずいいですね。

ちなみに私のスポーツスターは07年タイプですが登録は06年11月。

キャブからインジェクションに変わって初めてのタイプ。

乗りやすくていいです。


エアクリーナを交換して試乗と思いきやいまいち乗る気になれず。

年とともに気力が萎えてきましたね。

スポーツスターのオイル交換

スポーツスターの昨年の走行距離は361km。

体調がいまいちで乗らなかった。

走らなくても年1回はオイル交換をやっておいた方がいいですね。

ということで重い腰をあげて実施。

フワ3

フワと一緒にやりますか。



ドレンはボルトではなくホースにプラスチックの栓。

国産では考えられない。

ドレン316

まぁ~やりやすいからいいけど。



ドレン2


オイルはそんなに汚れていませんね。

廃油



入れるオイルは買い置きのレブテック。

前回使った添加剤のMT10の残り。

レブティック

MT10はいいですよ。

コールドスタートはストレスないし、何よりノッキングが少なくなります。

燃費は多少アップ。

ハーレーにはお勧めです。


オイルも入れやすい!

オイル注入




オイルレベル




オイルのフィラーキャップを閉めるとき力がいるのでプライヤーを使用。

フィラーコック



ついでにプラグ点検。

2016年から初めて外してみました。

エンジン



いい焼け具合。

プラグ

外観は錆びてるけどまだまだ使えますね。



ハーレーダビッドソンのネーム入りプラグ!

プラグ2





次はエアクリーナー点検。

いつもながらインチ工具と思いきやトルクスネジ。

エアークリーナ2




エアクリーナ3




こちらも12年たって初めて見た!

ゴミがぎっしり。

エアクリーナ

下側はブローバイガスで真っ黒。

こりゃあ~交換ですね。

さっそくネット注文。




フワはご機嫌っていうか不安かな。

フワ

それにしても黙って座っているフワ。

これはタンデムできるかも。

バッテリー交換

ハーレーのバッテリーが限界。

ネットで充電器付きのバッテリーを注文。

届いて箱を開けたら「ありがとうございます」の紙。

こういうのって初めて。

気配りがいいですね。

ありがとう




新品バッテリー

バッテリーは中華製。



充電器。

充電器



説明書通りに初期充電。

ランプで状態を知らせてくれるんでわかりやすい。

充電

8時間くらいでOKサイン。



ハーレーのマイナス端子が外しにくいんだよね。

マイナスケーブルがもう3センチ長ければいいんだけど。

バッテリーコネクタ



配線つなぎっぱなしで充電できるケーブルを取り付け。

バッテリー取り付け

これはなかなかよさげ(まだ使ってないけど)。



いよいよエンジン始動。

グゥッグゥッと頼りないまわりでドドドドドオとエンジン始動。

エンジン始動

初期回転が弱い。

この状態でかかればいいんだけど。

セルモーターの内部抵抗が大きくなっているかも。

12年で17,579km、ほったらかしがながかった。

あとはエンジンオイルを交換してから走行かな。

そのうち気が向いたらやります。

ブレーキランプS/W交換

ブレーキランプスイッチ到着後、やる気がなくなってほったらかし。

重い腰を上げて交換開始。

まずはスイッチの配線を切って途中からハンダ付け。

スイッチ比較

右がスイッチの頭が取れた今までついていたもの。

左が新品(社外品)。



交換し付けようと思ったら配線がじゃまでハウジングが閉まらない!

悪戦苦闘の1時間。

なんでこういう作りにしているのか全く理解不能。

とにかく配線の通り道が無い!

国産車では考えられない作り。


無理やりの取り付けて完成。

スイッチ交換



そしてレバー取り付け。

完成


このスイッチはまた壊れるね。

ブレーキレバーとスイッチの接触部が平行に接触しないんでどうしてもスイッチにななめに当たる。

構造上、まずいような気がするけど。

私のやり方の問題だろうか、たぶんそうかも。


全部組んで来週の天気予報を見たら雨だよ。

せっかくツーリングに行く気になったのに。

今シーズンは終わりかも。




ストップランプその後

重い腰を上げて久しぶりにハーレーの整備。

今年は一回しか乗らずもうやめようかと思いつつの整備。

1ブレーキ外観

のぼさんのアドバイスをもとに整備開始。

エンジンスタートS/Wがついている右側を取り外し。


ブレーキレバーを外そうと見たらEリングで止まっている。

外すときに飛ばすとまずいのでこのまま。

2コッタピン


ハーレーはトルクスネジが多い。

3スイッチカバー

トルクスってアメリカのテキストロン・カムカー社が開発の六角星型ねじの規格。

トルクスって商標登録されているんですね。

これを外してつぎはアクセルワイヤーを外すために調整用ネジを目いっぱい緩めます。

4アクセルワイヤー



ワイヤーはグリップにカラーを介してついているけど、このカラーが脱落しやすい。

国産車はワイヤーと一帯になっているんだけど。

5ワイヤー外し


ここかなと思ったらこちらはブレーキマスターシリンダーを押すところでした。

7シリンダー



マスターシリンダ側がフリーとなるのでワイヤーでつるす。

ハンドルに着けているヘルメット固定用のワイヤーロックが役に立つ。

9ワイヤー


スイッチ配線がバンドでとまっている、どうやって外すんだろ。

10バンド


ワイヤーを切って配線を寄せたらスイッチがステーにボルト止め。

12ボルト


スイッチが見えました。

真ん中のボッチがスイッチ。

ここをブレーキレバーが押すとスイッチが離れてランプON。

ってことは通常はスイッチが押されていてランプOFF。

普通のスイッチと逆だね。

11スイッチ


スイッチのゴムカバーが切れている。

いろいろ調べたらスイッチの頭に突起がついててそれをレバーが押すみたい。

私のはこの突起が欠損(たぶん)してブレーキレバーを握ってもスイッチを押すことができなくてランプが点きっぱなしのよう。

13スイッチ2


なんで欠損いたんでしょ?

昨年秋にブレーキレバーを社外品に交換した影響のせいかな?

どうでもいいけどスイッチを交換しなくては。


ハーレーストップランプ点きっぱなし

今年ハーレーに乗ったのは4月ツーリングの一度っきり。

写真は西目ハーブワールドの桜並木。

このときはすでにテールランプが点かない状態。

7ハーブワールド2


自宅に帰ってから治そうとそのまま帰宅。

そして先日まで放置状態。

車検が9月末で切れるので重い腰を上げてみてみることに。


テールのバルブは異常なし。

バルブ



コネクタは変な形、導通測定しても異常なし。

ランプコネクタ



テールコネクタ2

コネクターはグリスだらけ。

今どきこんなことをするんだろうか?、さすがハーレー?。

テールコネクタ


ブレーキクリーナと人体エアーで清掃。

テールカバー


イグニッションスイッチを入れたらストップランプが常時点灯状態。

どうなっているんだろ?

点かなかったのが今度は点きっぱなし!

8テールランプ

ストップランプスイッチはどこにあるんだろ?

もうやる気が失せてあべちゃんに車検をお願いし、ついでに見てもらうことに。

さすがあべちゃん、車検は無事に取得。

ストップランプ点きっぱなしは意外なところでした。



つづく

バイクのオイル交換

今シーズンはまだ走る気なし。

しかしオイル交換だけはやらなくては。

まずはハーレーから。

ハーレーオイル交換

エンジンオイルは買い置きしているレブテック。

レブテックオイル

昨年1年間の走行は997km。

昨年エンジンオイル添加剤のMT10を入れたら絶好調。

何が変わったかというといままでレギュラーガソリンを入れると5速1500~2000回転からの加速時にノッキングしていたのがまるでなし。

これほど変わるとはビックリ!、お勧めです。



次はCB750。

昨年1年間の走行は556マイル(890km)

CB750.jpg


こちらのオイルは鉱物油のホンダウルトラG1。

みなさんS9とか入れてますが私のCBはこれがあっているみたい。

部分化学合成油をいれるとシールからオイル漏れしやすくなるのでマメに交換すればいいような。

といっても年間1000キロも走らないんだけど。

CB750オイル交換

添加剤のスーパーゾイルも買い置きしていたけど次回使用かな。

15450マイル

これでスタンバイOK。

しかし走る気が今一。

よって試運転は来週かな。

XL1200Rエンジン始動

今日は珍しく天気がいい。

昼の気温は2℃くらいか。

太陽のひかりが眩しい。

風もなく雪がとけていく。


たまにバイクのエンジンを掛けてみるかな。

ハーレーXL1200R。

スタータースイッチON。

がしかしガチぃといったきり動かない。

バッテリー上り。

昨年11月から4ケ月放置しているので当たり前か。

まずはサブバッテリー(普通車用)を充電してブースターケーブルでやってみるか。

バッテリー1

サブバッテリーの比重はNGレベル。

マイナス側はいいけどプラス側はまったくダメ。

正確にはバッテリーに負荷をかけてみないとわかんないけど。

バッテリー3


充電開始。

比重計は昭和時代のアナログ。

充電器


適当に充電したところでバイクバッテリーターミナルにブースター接続して始動。

バッテリー2


スタータースイッチONとともにブババババババぁ~。

無事にエンジンがかかり一安心。

メーター


お次はバイク本体のバッテリー充電をどうするか?

4月までバイクに乗れる環境じゃないので再放置。

3月末にでも充電ですね。


将来は間違いなくライダー!

昨日のお話し、幼稚園の帰りに孫のあゆさん来訪。

いつもはバイクにまたがって口でブーンブーンとサウンド発生。

今日はハーレーのスマホホルダー確認のついでにタンデムシートにあゆさん乗車。

ちょっと不安げ。

エンジン始動、ドバババババ~。

落ち着いて後ろに座っているぞ。

気分はライダー。

あゆ&じい

スマホはばっちり作動。

配線の取り回しが今一、要検討。

あとは実走行で落ちないか?

でもいい感じ。

スマホ

あゆさん、後ろのBOXに寄り掛かってばっちり。

あとはじいさんの背中にしがみつけるか?

まだまだかな。

あゆハーレー


あゆハーレー2

エンジンを掛けて後ろに乗ったのは初めて。

本人は上機嫌。

小学校に入る頃には乗れるかも。



我慢しきれずライトクラッチキット

ハーレーXL1200R。

先日のツーリングの後半、クラッチを握るのがつらくなり我慢できず。

クラッチが重くなる原因はディスク摩耗、ワイヤー摺動不良が考えられるけど新車の状態がどうだったかもはや記憶なし。

そもそもクラッチはこんなもんで年とともに私の握力が低下したと勝手に判断。

思い切ってライトクラッチキットを組み込むことに。

ついでに左右のレバーも取り替え。

おまけで携帯フォルダ+USBジャックも取り付け。

USB


説明には重さが純正の30%軽減、期待大。

ライトクラッチ


クラッチレバーを交換したところ。

写真上が純正、曲がり角度が違う。

レバー


写真下が純正、レバーの幅が1.5倍くらいの違いか。

レバー2

交換後に操作した感じはだいぶ軽い。

30%軽減通りか。

ライトクラッチキットとレーバーの効果比率はわからないけどいずれにしても軽くなったのでOK。



携帯フォルダは以前から欲しかったもの。

携帯フォルダ

携帯ナビでツーリング時の場所探しが楽になるかも。

雪が降る前に一度確認してみたいですね。

スポーツスターのタイヤ交換

ハーレースポーツスターのタイヤ交換をついに決行。

土曜日に予約してたけど天気が雨予報なんで急遽、黒猫氏にお願いして運び込んでもらいました。

黒猫1

初めて後ろを走り(車で)ましたが結構いい音出してました(自画自賛:失礼)。

黒猫2

サイドバックを取ったらスリムになりましたね。

なかなかいいライディングフォーム。

目線がいいですぞぉ~。

黒猫3

黒猫氏いわく、ハンドルの切れ込みが大きいとのこと。

フロントタイヤの両サイドが減ってるせいか。


無事?にハーレーダビッドソン秋田に到着。


ハーレー秋田


試乗車のバイク。

両足ベタつきでコンパクト。

ハーレー



次の日、黒猫氏と引き取り。

交換したフロントタイヤ。

溝の深さが全然違う。

フロントタイヤ

リヤタイヤ

リヤタイヤ

ハンドルが軽くなりドライブベルトが適度に調整されてか発進がスムーズになったとのこと。

ハーレー秋田の皆さん、気持ちのいい応対ありがとうございました。

黒猫さん、お付き合いありがとさんでした。

これで5月連休ツーリングはバッチリ。

ハーレーのオイル交換

考えた挙句ハーレーのタイヤ交換をすることに。

購入してから10年、走行1万6千キロ、我慢して使ってもいいけどバイクに乗れるのがもう何年もなし。

ハーレーのタイヤ交換は最初で最後(たぶん)になりそう。

といっても自分ではやる気なし。

ハーレー秋田の社長さんに頼んでやってもらうことにしました。

タイヤメーカーはダンロップのなんとかかんとかで多少グリップのいいやつ。

すべてお任せです。

その前にオイル交換をしなくっちゃ。

まずは少し暖気。

そしてドレンプラグを外してオイル抜き。

エンジンオイル1

おおおおおぉ~!、ドロっていうかネトっていうかスライムみたいのが出てきたぞ?

なんじゃこりゃ!

いくら粘度が高いオイルといえどこりゃおかしい。

エンジンオイル2

ドライバーですくってみたらかんてんみたい。

長年いろんなバイクや車のオイル交換をやってきたけどこんなの初めて。

考えていてもわかるわけがないし。

まぁ~全部抜ければいいか。


入れるオイルは昨年箱買いしておいたレブテック。

純正は効果で手が出ません。

レブテック


エンジンを暖気運転しオイルレベルを確認。

レベルゲージ

これで今年1年はOK!

16266km

10年で16,266kmってことは年間1,600kmか。

年とともに走らなくなってるねぇ~。



フロントタイヤはまだ溝があるけどサイドが減って尖がり状態。

フロントタイヤ

リヤはスリップサインが出始め。

リヤタイヤ

リヤタイヤ2

以前タンデムで走ったとき、サイドバック取り付けボルトにタイヤサイドが擦れてヤバい状態。


フロントディスクパッドはまだあるかな。

フロントディスク

リヤディスクパッドはやばいかも。

リヤディスク


ディスクパッドを交換するか?どうする?

この残量でどれくらいもつのか不明なのでバイク屋の相談かな。

そろそろ出走準備

ハーレーのエンジン始動。

ぐぅっと危なげにドバドバドバと始動。

半日ほど普通充電。

バッテリー

前回オイル交換したのは昨年4月。

そのとき注入したMT10効果が絶大。

その1、レギュラーガソリン入れてもノッキングほぼなし。

その2、長期放置後のコールドスタートがスムーズ。

MT10

さてオイル交換をやるか?

昨年のハーレーの走行は1,977km。

交換するか!

でも今日は草刈りやら垣根の枝刈でくたびれたので後日。

4月10日

累積走行距離は10年間で16,266km。

そろそろタイヤも交換しなければならないし。

宝くじが当たればタイヤ交換ができる(ちょっとせこいか)。



隣のCBはバラバラ状態。

まったくやる気なし。

来月車検だけどどうしよ。

CB

配線がどうなってたのか忘れたよ。

ついにマフラー交換

今日は早起きしてハーレーのマフラーを欧米仕様からクロムワークスに交換。


こちらがノーマルの欧米仕様。

欧米マフラー


交換後のクロムワークスのマフラー。

2年ぶりの取り付けかな。

クロムワークス

純正ノーマルと格好が似てます。

がしかし、サウンドは強烈!

ここでのエンジン始動は近所迷惑なんで大通り?にでてから始動です。

明日は爆裂サウンドで出撃!!



ハーレー車検終了

ハーレーXL1200Rの車検が無事終了。

のぼさんにはいろいろご難儀をかけました、ありがとさんでした。

これであと2年乗れる。

一時は売却しようと思ったけど10年も乗ると愛着を持ちますね。

車検


さっそく純正マフラーを欧米仕様に変更。

欧米仕様を特殊加工、っていっても仕切り版に12mmの穴をあけただけ。

上が特殊加工、下がノーマル。

外観は一緒。

マフラー比較

マフラーはこのほかに爆音使用があるんだけど余りに音が大きいんで今回はパス。



何回も外したりつけたりしているんですんなりズボ。

マフラー2



コーナーを倒しこむとマフラー下後部がするんだよね。

写真真ん中の擦り傷。

マフラー

ステップはキジマのショートタイプ(長さが純正の半分)なんでステップより先にマフラーを擦ります。

ステップ


マフラー前部に排気脈動を抑える連通管(たぶん)。

ここをふさぐか解放するか。

連通管

いままでふさいでたんでひき続きシャットアウト。

コイン

今はなきアラセンスロットの30コインがジャストフィット。

コイン挿入

ガスケットを挿入し取り付け。

ガスケットが切れてるんでガス漏れですね。

これくらいは気にしない。

ガスケット


外観

所要時間10分、無事終了。

ハーレー4回目の車検

ハーレーXL1200Rスポーツスターの4回目の車検。

10年で走行15000km。

年間1500kmしか走っていないのか。

タイヤは前後とももう少しいけそう。

走り方がいいのか?、これくらい持って当たり前なのか。

10年間で行った整備はオイル交換とオイルエレメント交換。

ハーレーって丈夫だね。

マフラーを欧米仕様から純正日本仕様に戻して準備完了。


いつものモータースののぼさんに取りにに来てもらい車検お願い完了。


これは前日アユさんが来て乗ったところ。

ayuハーレー

「じいちゃん、車検はだいじょうぶか」

「俺が大きくなって免許取ったらこれに乗るんだからしっかり整備を頼むぜ」

だって。



のぼさん、おいていった車が5速マニュアル車。

代車

マニュアルなんて何年振りだろ。

あまりに古くて記憶なし。

ちょこっと動かしたけど関節グリス切れの私には無理だね。






バイク メンテナンス

来週のツーリングに向けてバイクのメンテナンス。

まずはハーレーのバッテリー交換とエンジンオイル交換。

バッテリーは昨年11月に購入済みなので一応充電。

バイク買ってから10年、この間1回取り替えてるんで今回は2回目。

前回は純正でしたが、今回はデイトナのが半額で売ってたんで即購入。

IMG_7838.jpg

交換後の始動具合は、一発目がグゥグゥ→ドババババババと始動。

初期の周りがあまり変わんないねぇ~。

っていうことはセルモーターの回りが悪いかも。

ちょっと様子見ですね。


続いてオイル交換。

あまり汚れてないね。

IMG_7828.jpg

ついでにオイルエレメントも交換。

IMG_7830.jpg


注入オイルはレブテック。

今まで純正オイルを入れてましたが、あまりにも高い(レブテックが安いのか)のでレブテック箱買いです。

IMG_7832.jpg

エンジン始動しオイルレベルを確認OK。



ついでにCBのタイヤ交換もやちゃいましょう。

リヤタイヤ1

センターラインが見事に消えてます。

半周回してみたら溝がでてきた!

何でだろ?、よくわかりません。

リヤタイヤ2


まずはチェーンカバー取り外し。

チェーンカバー

右アジャスタ

左右のアジャスターを外すと後ろにスポッと抜けてきます。

チェーン

ブレーキレバーを外すの忘れてました。

ブレーキレバー


ブレーキシューを確認。

ライニングはまだまだ使えそう。

ブレーキシュー


タイヤ

無事に外れたのはいいけど、タイヤレバー持ってないんだっけ!。

ってことで今日はここまで。


洗車に汗だく

北上ツーリングでかなり雨にやられたんで次の日に洗車。

そういやしばらく洗ってないし天気もいいんで頑張ってみるか。

バイクを出そうと小屋に入ったらフワの迷惑顔。

「早く洗わねえとさびちゃうじゃねえかよぉ~、真面目に洗車しろよ」ってなことでしょうか。


フワ2



バイクを外にだして見たら泥だらけ。

Oリング

特にクランクケースの黒塗装部分に汚れがびっしり。

この塗装って艶消しでしかも目が粗く汚れが付着しやすいんだよね。

ハーレー4

ハーレー3


さて洗剤は何にするか?。

車用のウオッシャー液があったんでこれでもいいかな。

スポンジは先日100均で購入済み。

スポンジ

水洗い


スクリーンをゴシゴシ。

スクリーン磨き

フロントホイールは汚れまくり。

そういやもう何年も磨いてないもんね。

ホイール

ここは気合入れて磨くか。

洗車終了

一通り洗車し終了。

本来だとエアーで水分を吹き飛ばさなきゃダメなんだけどコンプレッサーがないんで省略。






がしかしフロントフォークを良く見たらかなり腐食がきてます、ちょっと醜い状態。

磨いてみますか。

フロントフォーク

小屋にコンパウンドを取りに入ったらフワからの一言。

「普段から磨いてればいいのに、今更やって大丈夫か」とのこと。

フワ3


コンパウンド

先日買っておいたコンパウンドでお試し。

磨き

ほとんど変化なし、ってことは相当腐食が進んでますね。

もうめんどくさいんでサンドペーパーでやちゃうか。

グリップボンド

400&800番を駆使してゴシゴシ、こんなんでやっていいんだろうか?。

どうなったか、皆さんに見せられないトラガリ状態、やっぱし。

後日もうちょっと頑張ってみます。




フワ4

フワ氏から「普段から磨いてりゃいいのに、だからいったじゃねえかよぉ~」って極道顔。

この写真は先日とこやに行った時のでした。

そういや昨日はフワの7回目の誕生日。

生まれて7年、あっという間です。



1才のときのフワ、痩せてるし人相もまあまあ。

フワ太郎 003


ロック&フワ 003

ロック(当時6才)といつもじゃれあってたのに。

いまじゃこれだよ、トホホホホ。

ロック&フワ7月



こちらは初公開、ロックが生後3ケ月のときです。

大きい犬って生まれたときから足が太いですね。

ロック3ケ月

ロックは老化が進んでますが二匹とも長生きして頂戴。

ハーレーにスクリーン

以前取り寄せてたスクリーン(風防)をいよいよXL1200Rに取り付け。

秋田も大分気温が下がってきたので取付け決行。

純正品は高価で手が出ないんで価格、性能を検討したうえでGIVIを選択。

スクリーンはライトスモーク。

汎用品なんであらゆる車種に対応とのこと。

スクリーン

取付け部品は結構ある、それにしてもほとんどがプラスチック、大丈夫だろうか。

スクリーンキット


マニュアル2

デイトナの商品とは知りませんでした。

取付け説明書を見る限りでは楽勝か?

マニュアル1



ハンドル取付け部品をつけてみたらどう見てもタンクに干渉。

旧ハンドル


ハンドルは購入当時からデイトナのショートタイプに変更してます。

上が純正。

スクリーンを取り付けるためには純正ハンドルが必須のよう。

幅広のハンドルは苦手ですが思い切って交換かな。

新旧ハンドル

六角レンチ

6角レンチをいろいろ持ってますが100均で買ったこれが使い易くていいです。

六角レンチ2

いとも簡単にハンドルを取り外し。

メーター

グリップの取り付けはウルトラ多用途の接着剤。

グリップボンド


最初にステーをハンドル&フォークに仮組み付けし後でスクリーンを取り付け。

スクリーン2

フォークの取り付けは取説書とは似ても似つかない状態に。

でもついてれば大丈夫か。

スクリーン3

ステーの取り付けはほとんど知恵の輪状態。

約3時間位かかって取付け終了。

結構がっちり付いてるじゃんって自己満足。

スクリーン1

取付け後は当然のごとく試運転。

道の駅岩城の漁港で確認、いたって大丈夫。

ここから高速にのって大内インターでおりて道の駅大内。

80km以上で風の巻き込みがあるけどスクリーンなしに比べると楽ちん天国。

これだと疲れないねぇ~。

角度を内側にねかせればベストかな。

純正ハンドルはちょっと幅広ですが違和感なし、長距離はらくですね。

帰りは大内から雄和に抜けて80kmの試運転でした。


オイル交換

昨日の休日はハーレーのオイル交換。

XL250はやったし、CBもやったけどやっとこさやりました。

残すはハーレーだけとなり昨日は雨降りだし暇だったので思い切ってやりました。

カバー


何年か前か忘れましたが在庫で持ってたオイル(左)と今回買ったオイル(中)を使用。

ハーレー純正にしようか廉価オイルにしようか悩みましたが1年に一回しか交換しないんで純正にしました。

ちなみにこのバイクは2006年に購入してから9年で走行12000kmなんで、年間1300kmしか走っていないことですね。

今までエンジンオイル交換は自分でやってましたが、ミッションオイルは初めてのトライです。

オイル

毎回思うんだけどエンジンオイルのドレンコックってプラスチックのバンド止めですよ。

まぁ~簡単でやりやすいといったらやりやすいんですが、よくもまぁ~抜けないと思いますね。

ドレンコック

エンジンオイルは無事に交換したけど、問題なのがミッションオイル交換。

止めてるネジがややこしい。

カバー1

一か所止めてるところがフットペダルがじゃまになって取れない。

カバー2

フットペダルステーは2本のボルトで止まってたんですんなり取れてOKでした。

カバー3

抜いたオイルをみたらあまり汚れてませんね。

旧オイル

ドレンコックには若干の鉄粉が付着、この程度だったら大丈夫。

2ドレンコック

ドレンコックを緩ますとき、なんか抵抗が大きなと思ったらこれが張り付いてました。

これって水道管の漏れ防止に使うテープかも。

先日XL250の燃料コックで失敗したやつ。

前回のハーレーミッションオイル交換はディーラーでやっているのでこれが正規のやり方なのか?。

ちなみに車ではこんなの使いません。

ドレンコック3

ミッションオイルの注入はこの窓から、どこまで入れたらいいかわからず1本入れて終了。

たぶん大丈夫と思います。

カバー4

Oリング

今回、オイルシールとOリングを事前に準備しましたが使いませんでした。

ってことは再使用、どこまでシールがたえれるか実験。

シール&Oリングにシリコングリースを塗って再使用です。


これでツーリング出撃OKです。

来週あたりに天気がよければ初乗りですね。






マフラー

スポーツスターの車検も終わりマフラーをノーマルでいくか北米仕様にするか、はたまた今まで付けていたクロムワークスにするか思案中。

ノーマルマフラー
これは現在ついてるノーマル仕様、真ん中が北米仕様、外観はノーマルと同じ、あたりまえか。
いちばん下がクロムワークス、細くて短いです。
マフラー3本

マフラー3
左がノーマルで真ん中が北米仕様、内径の違いが良くわかります。
右端がクロムワークス、ほとんど直管、中のだんごバッフルが音質に貢献してるようです。
さてどれにするか考えます。

ロック
バイクの後ろではロックが殿様カーペットに座って「無駄なことはやめたら」って顔してみてました。



車検

スポーツスターの車検が今月末で切れるんでどうしようかと思っていたところ、いつものバイク屋(車屋かな)さんから丁度車検の電話が来て出すことにしました。
今回で4回目の車検、もう8年も乗ってんですねぇ~、走行は11000kmなんで年間1400kmかな、この間の整備はオイル交換とバッテリーを1回交換のみです、ハーレーって意外と壊れないんですね。

ナンバー2
車検から戻ってきて早速ぶらっと下浜海水浴場まで試乗です。
はまなすロード

バック

下浜入口

海水浴場1

時期的にもう終わってます。
海水浴場2

海水浴場4

海水浴場3

バイク2

バイク1

ノーマルマフラーは静かでなかなかいいですね、北米用もあるんで今度こちらも試してみます。

ハーレー メンテ

ハーレーXL1200R、2006年(2007年バージョン)秋に購入してから8年目、走行が11000km、昨年はほとんど乗らなかったのでオイル交換はやらなくてもいいような気がしますがそうもいかず重い腰を上げてのオイル交換を実施。
オイル
エンジンオイルとエレメントは5年くらい前にまとめ買いしてたんで準備万端。ドレンコック
エンジンオイルのドレンはこれです、プラスチックのコックをバンドで止め.てんですよ、いつもながら頼りなく感じます。
ドレンコック2

オイル抜き
前回オイル交換からあんまり走ってないんで汚れてないです。
エレメント工具
オイルエレメントを外す工具が手持ちのと合わない!、そういえばインチなんだ!。
ホームセンターを物色したけど全くなし、やむなくネット通販で購入⇒ためてたポイントで買えたのでラッキーでした。
オイルエレメント

レベルゲージ
マニュアルにはオイル3.5リットル注入って記載してありますが、3.0リットルしか入らず、まぁ~いいか。


ついでにバッテリーを外して充電してたんで取り付けです。
バッテリー説明
サイドカバー裏の説明書に作業要領が貼ってありますが、取り付けスペースが限りなく狭く整備性は超最悪。
スタイル重視でこうなったのかハーレーさん、もう少し考えてよ。
バッテリー1
マイナスケーブルには泣きが入りますよ。
バッテリー2

マフラー
エンジン始動して再度オイルレベルを確認、一見純正風のこのマフラーはいい音するけどちょっと近所迷惑か、メーカー名は内緒です。
空気入れ
最後にエアー調整です、エアー充填は自転車用空気入れで人力!、これが一番つかれるぅ~(泣き)
サドルバック
リヤケースを取り付けたときサイドバックを外してましたが、もったいないので今回取り付けです、これでロングドライブOKです。
ここまでやりましたが試乗はやめました、手術して1ケ月の検診が終わるまでがまんです。


ロック5
ロックは小屋の外で日向ぼっこ、ようやく終わったかって顔してました。
フワなで2
フワは一目散に駆け寄り遊んでくれって、そのうちフワ用のリヤボックスを付けてタンデム?ドライブですね。

バイク冬支度

今更って感じですが、いよいよもってバイクの冬支度です。
ハーレーは今年1回のツーリングで終了です。
7年で10,984kmで年々走らなくなってます、歳のせいかな。

17ハーレーメーター


1ハーレーシート

冬支度の最低限としてバッテリーを外します、このシートを外すのがやっかいです。
まぁ~よくもこんなやりにくい作りにしたのか悩みますね。

2バッテリー

さてどうやってバッテリーを外すか、今回初めて説明書通りにやってみることにしました。
説明書は左サイドカバー内に張り付けてあります。

4マイナスケーブル

まずはマイナスターミナル側のケーブルをクランクケース側から外す。
狭くて工具がまともに入らない!

5工具

ここで登場がホームセンターの安売り購入(980円)したラチェット&ボックスセットです。
インチサイズもありバッチリです。

6マイナス外し

こんな感じで楽勝と思いきや外れたナットがポロリ!、よくあるパターンです。

7ボルトマグネット

ここでマグネットハンドの威力発揮です、さきっちょはサビサビですがまだまだ磁力あり。

9バッテリー外

マイナス側が外れたところでシコシコバッテリーを引っこ抜いて無事に取り外しOKです。
でも取り付けるときマイナスケーブルをナットに固定するのが大変だろうなって思いますよ。

10ハーレーヘッド2

ちらっとシリンダヘッドをみたらオイルにじみです。
ハーレーだからしょうがないかって思いたいんですが、気持ちいいもんじゃないですね、でもめんどくさいのでこのままです。

11ハーレーヘッド1




12CB750メータ

さてCBはどうする?、ちょっとエンジンをかけてみて決めましょうってことでエンジン始動。
チョークを引いてかかりはいたって簡単にブォォォォ~ン、セルの回りも良くこのまま定期的にエンジンをかけてやれば問題ないかなと思いこのままにすることにしました。
昨年8978マイルで我が家にきてから11,297マイルです、2年で2,319マイル(3,710km)。
結構走りましたね、来年はもう少し頑張って距離をのばします。

13CB排気

だいぶ錆が出てきたので冬の間は磨きまくりですね。


14XL250.jpg
15XL250燃料コック

小屋の片隅に置いてあるXLを見てみたら燃料コックから燃料漏れ発生です、今年は一度も乗らなかったんでヤバかったのかな、来シーズンに向けて要修理です。

16KR.jpg

最後にKRを確認です、いつかは復活させたいですね。


今年1年いろいろお世話になりました、来年もよろしくお願いいたします。

ハーレー

マイバイク 2台目を紹介

ハーレー

2006年 XL1200R インジェクション仕様
マフラーは社外品(内緒)に変更
ハンドル&ステップをデイトナに変更
ステップ幅は純正の半分位になってだいぶコーナリングしやすくなってます。
しかし右コーナー時にマフラーボルトが擦りまくりには参ります。

怒涛のトルクでズボラドライブOKです。
現在、リヤキャリアにBOXを取り付けててツーリング仕様となってます。

今年はCBばかり乗っててXLには一回も乗ってませんね
雪が降る前までには乗ってみます。
プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR