FC2ブログ

街の洋食屋さん~横手市

横手市役所近くのKitchen deux。

今日の横手市は暑い。

っていうか秋田県全域が暑かったようです。

車の温度計は34℃、そして蒸される。

あまりの暑さにラーメンはパスし、以前から行ってみたかった洋食屋さんにGO。


キッチン外観

店内は満席、10分位待ってから8人掛け合席テーブルに着席。

テーブル席から見た風景、右の白い建物が横手市役所。

店内1

店内の雰囲気はしっとりして落ち着いてていいです。

店内2

感謝


ランチメニュー

キッチンメニュー


迷わずオムライスを注文。

まずはサラダ。

サラダ

つづいてアオサの入ったスープ。

ちょっと生臭さがあったけど美味しかったです。

スープ


メインのオムレツ。

オムライス3

オムライス2

スタッフの方が卵の真ん中を開いて食べてくださいとの説明。

オムライス4

スプーンで切り目を入れたらふわふわたまごがでてくる。

外科の手術か(やったことないけど)。

オムライス5

一口食べたらバターの濃厚な香りがプぅ~んと鼻に入ってくる。

私はバターが苦手、普通の方にはいいんじゃないでしょうか。

中のチキンライスは癖のないいいお味。

オムライス6

見た目もいいしとろける卵もいいしいいお味でした。


こちらはお連れさんの海老と帆立のカレー。

結構量があります。

カレー

食べた後はコーヒーで締め。


店内に置いてあったパンフレット。

以前から行ってみたいと思ってた香味亭(ラーメン店)

キッチンドゥーの裏でした、この店がやってるようですね。

香味亭POP


キッチン看板

帰りがけに入口に置かれていたPOPの反対側を見たらありました。

今度行ってみます。

しかし横手は暑かった!



橘~湯沢市

湯沢インター近くの蕎麦処 橘。

かの有名な鈴弥に入ろうかと思ったら駐車場が満杯。

諦めて道路を見渡したら蕎麦屋の看板。

たまには蕎麦でもいいかなと思い入店。

橘 看板

橘外観

橘玄関

橘厨房


橘メニュー2

メニューを見たら蕎麦の占拠率が低い。

いろんなメニューがあるじゃないの。

蕎麦屋なのにメニューのトップに味噌ラーメン!。

蕎麦屋で中華そばってのはよくあるケースだけど味噌ラーメンとは驚き。

橘メニュー1



辛味噌が俺を呼んでるぅ~。

こうなったら蕎麦より辛味噌優先。

辛味噌ラーメンを注文。

店員さんが「太麺にしますか?、細麺にしますか?」とのこと。

またまた蕎麦屋でラーメンに対して麺の太さを拘ってるのかとびっくり。

味噌といったら太麺ってことで太麺をオーダー。



辛味噌ラーメン

旨そう。

表面にかなり油が貼っている。

湯沢地区独特のスープか。

長寿軒&鈴弥パターン。

最後までアツアツってのはいいけどチト油が多すぎ。

辛味噌2

辛味噌3

辛味噌4



この太麺、つるつるシコシコでスープの辛味もよく旨い。

辛味噌麺

ピリ辛でちょいチョッパい甘さ(支離滅裂か)。

私はこの味が大好き、美味しい。

辛味噌スープ


蕎麦屋でこんな美味しい味噌ラーメンとはビックリしました。

ほんとに蕎麦屋なんだろうか、今度蕎麦を食べてみます。



北海屋~横手市

横手市役所裏にある北海屋。

横手焼きそば2015年四天王の一つ。

四天王は藤春食堂、食道楽本店、出端屋、北海屋。

北海屋玄関


店内はカウンターにテーブル席と小上がり座敷テーブル。

北海屋店内

北海屋メニュー2

北海ラーメンと札幌ラーメンの違いはなんだろ。

札幌にニンニクとキムチとひき肉が入ると北海になるのか。

特製の割にはインパクトがいまいちかな。

北海屋メニューー

北海屋メニュー3



チャーハンが650円で半チャーハンが550円とは。

北海屋メニュー5

焼きそば旨そう、でもパス。

北海屋メニュー6


いろいろ見た挙句、特製の文字に負けて「特製北海らーめん味噌 太麺」を注文。

そしてゆで卵をトッピング。

北海ラーメン味噌


北海ラーメン2

ん、なにこれ、トッピングのゆで卵って半分?、これで60円。

気の弱い私は心の中で「なんで半分なの」って叫びながら食べました。

家の奥さんに教えたら「私なら聞くね」だって。

やっぱり納得いかないよね。

ゆで卵



これがにらキムチ。

北海3

ひき肉たっぷり。

北海2


北海麺


北海スープ

メニューにはボリューム満点!って書いてあったけど、なんのボリュームなんでしょ?

美味しかったけど量は普通、そしてううううううぅ~ん、半卵が脳裏から消えずでした。


羅漢~横手

横手の羅漢

二郎系とは聞いてましたが、優勝軒でノックダウンしたままではと思い立ち上がってこりなく挑戦。

待ち客が並んでる!

入口の券売機で食券を購入して10分位待って入店。

羅漢 外観

羅漢券売機


羅漢POP


店内はL字型カウンターのみ。

店主一人でやっているんで時間がかかります。

店内でさらに10分待ち。

羅漢店内


羅漢調味料


席に座ってから着丼までまたまた10分待ち。

全部で30~40分位の待ち、けっこう待ちましたね。

座って食券を渡すとき店主から「ニンニク入れますか?」のコール。

親切で気配り上手な店主。

私「いりません」、仕事中はニンニク回避です。




注文の辛痺ラーメン。

辛痺ラーメン


もやし山盛りの二郎風。

辛痺ラーメン2

でかいチャシュー、柔らかくて旨い。

チャシュー


麺は太麺ですが二郎系のように固めではなく普通の硬さで食べやすいです。

色が茶色っぽいのでいろいろ小麦をブレンドして作っているんでしょうね。

辛痺麺

スープは痺れるくらい辛いかというと、そうではなくピリッとマイルドって感じ。

説明には「羅漢ラーメンのスープをベースに背油の甘みの中に赤トウガラシの辛さ・山椒の痺れる刺激・13種類以上の香辛料から生み出される複雑な味わいが癖になる一品です」と書いてます。

辛痺スープ

辛さを背油がマイルドにし、山椒でピリッとさせてるんでしょうね。

ビジュアル的には二郎系のようですが、食べてみれば辛し豚骨もやしてんこ盛りラーメンってところでしょうか。

思ったよりくどくなく食べやすく美味しかったです。

優勝軒でノックダウンし羅漢で再復活でした。


優勝軒~横手

横手市民市場のところにある優勝軒。

巷で有名な大勝軒直系のようです。

大勝軒系に入ったことがないので楽しみです。

優勝軒外観

直系とか元祖とかどうなってんでしょうね。

家系図でも掲示してくれたらわかりやすいのに。

優勝軒看板


入口右タッチパネルで食券を購入。

優勝軒暖簾


優勝軒メニュー

優勝軒POP


食べ方のPOP、モデルのおばさん怖すぎ。

優勝軒POP2

イチオシの富士ラーメン。

富士ラーメン

うううううぅ~、モヤシてんこ盛り!

富士ラーメン2

説明POPどおりに小皿にもやしをとります。

もやし2

店員さんから「もやしにはニンニク醤油をかけて食べると美味しいです」とのアドバイスに従ってちょこっと醤油をかける。

ニンニクタレ


チャシュー

チャーシューはでかいけど柔らかく味がしみこんで美味しかった。

チャシュー2

油まみれの太麺。

富士麺



背油

スープ自体が油まみれなのに背油ぎっしりのコテコテを通り過ぎてギトギト!

富士スープ

二郎系のところにはあまり行きませんが、いままで行ったお店ではニンニク入れるかどうか聞いてくれましたが、ここは問答無用でニンニク入りです、しかもドバっと。


ニンニク+あぶら+背油攻撃で胃の中がヤバい。

帰ってから胃薬のみました。


信太そばや~羽後町西馬音内

羽後町西馬音内の信太そばや。

2回目の訪問、いつもながら混んでます。

信太そば暖簾

信太そばメニュー1

信太そばメニュー2

信太そばメニュー3

信太そばメニュー4


前回はスペシャル中華でしたので今回は半天丼+中華セット。

半天丼セット



中華そば

中華そば2

中華ふ

中華そば麺

中華スープ

十文字ラーメンですね、美味しかったです。


こちらは半天丼。

海老が隠れた衣丼か。

天丼


お連れさんの食べた天ざるそば。

やっぱり衣が多すぎ、しかも冷えてる。

そばは美味しかったとのことでした。

天ぷらそば

以前食べたスペシャル中華。

スペシャル中華2

信太そばPOP

信太そば地図





帰りに道の駅十文字に寄ったら面白いものがたくさんありました。

道の駅十文字1

道の駅十文字2

なまはげ耳かき、欲しかったけどパス。


高昭~沼館

横手市雄物川町沼館の高昭食堂。

高昭外観

店内は7人掛けテーブル1つに小上がり4人掛けテーブル2つとこじんまり。

1時頃入店したら、すでに満席に近くテーブル席が2つ空席。

お客さん全員が私をジロリ見、アウエー状態。

アウエー視線にめげずテーブル席に着席。

メニューを見るとわけのわからないのがある。

高昭厨房


「冬のラーメン」、「男のラーメン」、なんじゃこりゃ。

でも面白そう!

辛いもの好きな私は「地獄ラーメン」を注文。

高昭メニュー


地獄って赤いイメージなんだろうか。

ラーメンの地獄っていったら辛い=赤いってところか。

地獄ラーメン

一口スープを飲んだら、なんじゃこりゃ!。

ドロドロまではいかないとろとろのスープ。

広東麺のあんかけを緩くしたような(意味不明かな)感じ。

地獄2

地獄ワカメ


辛い!、ほんと辛い。

いつもは最初に麺の写真を撮るんだけど、あまりの辛さに忘れて食べ終わる頃に思い出してパシャ。

モチモチ太麺で美味しかったです。

地獄麺

地獄スープ

食べ始めはあまりの辛さに食べれるんだろうかと思いましたが、半分ぐらい食べたところでマイルドになってきて(感覚の問題か)こりゃイケるぞって調子でしたね。

総合的感想は旨い、です。

今度は男のラーメンに挑戦ですね。



食べ終わって外に出たら、向かいは床屋(たぶん)とスナック。

ヘアースタジオの名前は「HEAL」。

ヒール、プロレスの悪役?、どんなカットするんでしょ、モヒカン専門か。

とおもいきや、悪役は「HEEL」でしたね。

スナック


沼館の街中にこんな食堂ラーメンがあるとは驚きでした。

新選具味~美郷町

角館から六郷経由で横手に行く途中、美郷町役場の近くにラーメン屋を発見。

らーめん新選具味。

大曲若竹から移転したんだろうか。

新選具味外観

新選具味玄関

トイレの入り口(?)の暖簾が徳川のご紋だよ!。

新選具味店内

カウンターの上にはご当地の仁手古サイダー。

サイダー


四代目JSBって何?

JSB.jpg

免許皆伝

新選組メニュー

新選組メニュー2


旨辛ホルモンネギみそラーメンを注文。

旨辛ホルモンネギみそ

ボリュームたっぷり。

ネギミソ


ネギミソ2

ホルモン

自家製ちじれ太麺。

モチモチして旨い。

この辛みそにはよく合ってます。

太麺

ネギミソスープ

ネギはシャキシャキ。

スープは味噌のコクが良く出てて美味しい。

ここいいですよ!。




琥珀亭~横手市

横手市安田のパチンコ店GAIA横手店の敷地内にあるらーめん琥珀亭。

琥珀亭外観

店内POP

琥珀亭メニュー1

琥珀亭メニュー2

美味しそうなメニュー、さて何にするか。

ふっと上を見るとこの3枚の写真。

普通だと速攻で担々麺ってところですが、ピリ辛黒しょうゆらーめんが気になりこちらを注文。

琥珀亭POP


注文してから2~3分で着丼。

超速い!、今までの最速か。

パチンコ店のお客さんが多いのか、そのニーズに合わせた結果か、しかしはやすぎる。

まるで私のオーダーを事前に察知し注文前から作っていたような、ってなわけないね、でもはやい。

黒しょうゆ

ラード&背油たっぷりでスープは湯気無し。

これって湯沢系か。

煮卵

黒コショウかけまくり。

醤油ネギ

麺は店内POPの説明のとおり北海道産春よ来い、キタノカヲリ、ホクシンの3種類のブレンド小麦を使用し、なんでらかんでらってあるけど、私にはさっぱり分からず。

食べた感じはコシがあって美味しい麺です。

醤油麺

醤油スープ

この黒しょうゆスープは見た目はしょっぱそうですが意外とあっさり。

横手ブラック!、いいぞ!。

今度は別のを食べてみたいです、そう思えるらーめん屋さんでした。



おまけで注文したチャシュー丼。

チャシュー丼のチャシューは切り身でしたが、やっぱサイコロチャシューがベストかな。

チャシュー丼


カウンターの上に置かれていたオブジェ。

オブジェ

オブジェ2

う~ん、いいねぇ~!。


男寿狼~横手

横手市の TORIKOTSUラーメン男寿狼。

面白い字を使いますね。

男寿狼外観

風除室内にある券売機で食券を購入。

男寿狼券売機


人気第1位の文字につられて鶏骨ラーメンネギ味玉のせをポチッ。

鶏骨ラーメン

青ネギがドバ。

鶏骨2

鶏骨3

チャシュー

鶏骨麺

ストレートの細麺。

博多豚骨系ラーメンの麺ですね。

のど越しが良くスルスル入っていきます、旨い。




カウンターの壁に「替え玉1回無料」のPOPが貼ってあったのでオーダー。

券売機で替え玉を押した人はどうすんでしょ?

替え玉

替え玉は結構量があります。

替え麺

鶏骨スープ

クリーミーなスープはこってりもどきのあっさり。

しいていえばコッサリ。

これはこれで美味しいねぇ~。

鶏骨ってこんな味なんだって実感。


だいおう~横手

横手市ふるさと村近くのラーメンだいおう。

午後1時頃なのに並んでる。

横手地区のラーメン屋で並ぶのは初めて。

鶴岡琴平荘の2時間待ちに比べたらへなちょこか。

だいおう外観

風除室内にある自販機に缶ビール、こりゃまた珍しい。

自販機

店内


15分位待ってカウンターに着席。

厨房では元気のいいお兄さんが一人で調理。

こりゃぁ~時間がかかるね。

だいおう厨房


やたらと宣伝してる「爆風辛みそ」、ついでに美味しそうなチャシューごはん(小)を注文。

だいおうメニュー



爆風辛みそ

担々麺風辛みそラーメンか。

見た目は赤いけど最初のうちはあまり辛さを感ぜず。

爆風辛みそ2

挽肉

ネギ

食べているうちに額に汗がダラダラ。

甘さとしょっぱさと辛さのバランスが程よく美味しい。

中太ちじれ麺もモチモチ旨い。

麺アップ

辛みそスープ

爆風かどうかは?ですが、また食べたくなるような味でした。




こちらはチャーシューごはん

チャー丼

これで小です、盛りが良すぎ。

これがまた旨い。

チャー丼2

ラーメンの汁をちょっとかけてみると美味しさ×2でした。

チャー丼3

新潟みそラーメンってのもあるし、煮干し系もあるし次回はこちらを狙ってみますか。


ろくドラ~美里町

仙北郡美郷町六郷の「ドライブインろくごう」。

国道13号沿いにあるドライブイン。

ドライブインって響きがレトロ、今時珍しいですね。

ろくドラ外観

県南中心ラーメン屋で構成する「イっちょやったろ会」のメンバー。

ネーミングからして気概があり応援したくなります。

ろくドラ入口

地産品

ろくドラ厨房

ろくドラ厨房アップ


ろくドラメニュー3

ろくドラメニュー4

ろくドラメニュー1

ろくドラメニュー2


ドライブインだけあってメニューが豊富。

事前調査では平日限定の「ろくどラーメン」ってのがあったのでこれを注文。

サイン

いろんな方のサイン色紙があります。


全県かけ唄大会のタオル・暖簾・?。

かけ唄大会



待望のろくどラーメン着丼。

ろくどラーメン

色合いからして辛そう。

ろくどラーメン2

ろくどネギ

ろくどニラ

ろくどもやし


麺はイっちょやったろ会メンバーの麺屋十郎兵衛の麺を使用。

やや太ちじれ麺、スープがよく絡んでモチモチして旨い。

ろくど麺

ろくどスープ

タンタン麺っていってもOKな味、ちょっと中華風か。

最初ホワッと、食べてるうちにピリッと、最後は甘辛のバシって感じ?。

これ旨いですよ!、生卵を入れてちょっとマイルドにしたら受けそう!。

ろくどラーメン、久々のヒットでした。


信太そば~羽後町

雄勝郡羽後町貝沢の三輪小学校近くにある「信太そばや」

盆踊りで有名な西馬内地区の人気そばや。

「弥助そば」、「松屋」、「小太郎」、「信太そば」がメジャーなところか。

信太そば外観

信太そばや看板

信太暖簾

信太店内

信太店内2


信太メニュー3

信太メニュー4

メニューを見るとそばやっていうより食堂って雰囲気。

信太メニュー

信太メニュー2


スペシャル中華(天ぷら卵入り)と注文。

スペシャル中華

旨そう。

スペシャル中華2


天ぷら2

ころもがでかいと思いきや中のエビも大きかった。

天ぷら


チャシュー


自家製のちじれ細麺。

中華麺

中華スープ

甘しょっぱいけどマイルドな鶏醤油スープは私好み。




人形

そば屋の中華、美味しかったです。



吉兵衛~十文字町

横手市十文字町植田にある味処 吉兵衛。

会社仲間からここの200円ラーメンが美味しいとのことで行ってみました。

吉兵衛外観

吉兵衛暖簾

店内に飾っているサイン色紙を見ると結構有名人が来てます。

吉兵衛店内

カウンター

小上がりに飾っていた木の彫刻品、でか。

木


吉兵衛メニュー1

メニューはリーズナブルで種類があります。

吉兵衛メニュー2

まずは?お目当ての200円ラーメン。

ラーメン1

200円ということで小さな丼を想像してたら、でかい丼!。

ラーメン2

スープは鶏&醤油系か。

具はネギだけですが、なんかわからない細かい浮遊物、なんだろ。

このスープの味は今までの醤油ラーメンや中華そばとは明らかに何かが違う。

コクががあって旨い。

ラーメン5

麺は細ちじれ麺。

細いわりにはコシがあり喉越しよし。

そういや十文字ラーメンの麺に似てますね。

ラーメン麺

スープ

200円ラーメン、恐るべしコストパフォーマンスでした。




そしてカツ丼!。

じつは200円ラーメンのついでにカツ丼も注文してました。

カツ丼の器が小さく見えますが、いたってノーマルサイズです。

ラーメンの丼が大きいって言った方が適切か。

かつ丼ラーメン


かつ丼1

かつ丼2



なめこ&豆腐の味噌汁。

具は汁の中に隠れてます。

茄子のわさび漬けは独特のお味でした。

味噌汁

かつ丼3

完食

久しぶりにカツ丼を食べましたが、ここのカツ丼は甘しょっぱく、加減が絶妙。

とろっとした卵に豚肉の柔らかさもベストマッチ。

ボリュームもあるし、この値段(600円)は驚き。

200円ラーメンといい、これはお客さんが来ないわけがないって感じのお店でした。

店内は昭和チックでしたが、スタッフのおばさんも親切で好感度アップでした。


最後に、やっちまった感満載のデブリモード!、マジにダイエットをしなくちゃ。


麺屋秀吉~西馬内

羽後町西馬音内にある麺屋 秀吉。

横手市朝日が丘の秀吉は親父さんでこちらは息子さんとのこと。

秀吉外観

秀吉暖簾

店内は広々、カウンター席、テーブル席、すごく広い小上がり席、大家族でも安心。

秀吉店内



横手店とはメニューが若干違いますね。

しょうゆ麺


お店の一押しは納豆みそラーメンとのことでしたが、以前某所納豆ラーメンで撃沈したトラウマで、今回は辛みそラーメンをオーダー。

辛味噌

辛味噌2

辛味噌コーン

丼の周りをかこむもやしのシャキシャキ感が抜群。

辛味噌野菜

辛味噌チャシュー

自家製ちじれ細麺はモチモチして触感が良く美味しかったです。

辛味噌麺

辛味噌スープ

スープはピリッとした辛さで食べるほどにマイルド感が増し美味しかったです。


そうま~横手

JR横手駅近くの「そうま」。

横手老舗のラーメン屋さん。

そうま外観

そうま入口

カウンターの空席をのぞいてテーブル&小上がり席は満席。

そうまメニュー1

そうまメニュー2


こってりがうたい文句ですがここは辛みそラーメンを注文。

辛みそラーメン

辛みそ2

辛みそ1

油揚げの細切れが入ってます。

辛みそチャシュー

辛みそ麺

辛みそスープ

スープの上は油膜に覆われて最後までアツアツ。

みそスープは初めはしょっぱく感じましたが食べてるうちにマイルド触感に。

奥の深いみそラーメンでした。



炭火屋~横手

有限会社 日野経営店舗 横手市のある「炭火屋」。

牛玄亭のグループ会社かな。

月曜日に横手で会社のイベント行事があり前夜祭(親睦会?)です。

食べたことないお肉をたらふく食べた後の締めのラーメン。

炭火屋pop

炭火屋メニュー

比内地鶏ラーメン。

比内地鶏ラーメン

比内地鶏

比内地鶏ラーメン麺

比内地鶏ベースのスープはあっさり味。

焼肉を食べた後にはベスト。

コクがあって旨い!。

比内地鶏スープ



一緒に行った「日本酒の鉄人」の○○さんのオーダーのクッパ。

こりゃまた美味しかったです。

炭火屋クッパ


この比内地鶏ラーメンはお酒を飲んだ後の締めのラーメンには最高でした。


秀吉~横手

横手市の麺屋 秀吉。

以前行ったのは何年前か?、記憶がないほどの昔2~3回行きました。

秀吉看板

12時ちょっと過ぎに入店。

以前は駐車場に止めるのに苦労しましたが今日はすんなりです。

秀吉暖簾

店内には3組のお客さん、ちょっと活気が今一。

以前はいつも順番待ちだったのに。

そういや順番待ち用の長椅子が入口に置かれてますが、ここは材料置場になってました。

秀吉店内

秀吉メニュー

ここは納豆みそラーメンがうりのようですが、先日大曲で納豆攻撃で撃沈したんで今回は辛口肉野菜タンタンメンを注文。

10分位待って着丼。

ううううう~うん、これってタンタンメン?

辛口肉野菜タンタン麺

タンタンネギ

タンタンスープ

もやし、ちょっと疲れてますねぇ~。

タンタンモヤシ

タンタン肉

自家製麺はモチモチして美味しいです。

タンタン麺アップ

タンタン麺スープ

見た目「これ何ラーメンでしょう?」って聞かれたら「辛みそラーメン」って言うかも。

スープは豚骨&魚系で諄くなく美味しかったです。



こちらはしょうゆ麺。

しょうゆ麺

食べ終わるまで来店客がちらほら。

スタッフのおばちゃんは気遣いがよかったです、これからも頑張ってください。





じゃんじゃん~横手

横手市の大曲より国道13号線沿いにあるお食事処「じゃんじゃん」。

焼肉屋さんです。

のぼり(旗)の「カルビラーメン」に魅かれて初入店。

じゃん看板

じゃんじゃん外観

メニューはやはり焼肉メイン。

じゃんメニュー


ここは迷わずカルビラーメンをオーダー。

カルビラーメン

スープは真っ赤で相当辛そうかと思いきや意外とあっさりのチョイ辛。

カルビスープ

カルビ

肉は小ぶり、これってカルビ?。

カルビアップ

麺は普通のちじれ麺。

カルビ麺

カルビスープアップ

見た目よりマイルドでノーマルなラーメンでした。

大同門&南大門(どちらも焼肉屋)のカルビラーメンが一枚上手ですね。


十文字家~十文字

最近ラーメンばっかり食べてるねぇ~!

カロリーオーバーのヤバイモード突入か。

道の駅十文字の近く、国道13号線沿いにある「十文字家」。

やたら目立つ看板で入ってみようと思ってましたが、今までなかなか入れずじまい。

今回は何となく入店でした。

十文字家外観

十文字家POP1

十文字家POP2

十文字家メニュー

最近体力減退気味なんでここはやはり活力味噌めん。

おまけにミニチャシュー丼をプラス。


5分も待たないうちに着丼。

久々に背脂たっぷりラーメンをみました。

活力味噌めん

味噌具

分厚いチャシュー

活力味噌チャシュー

活力味噌麺アップ

活力味噌スープ

ニンニクが効いてます、ちょっと多めか。


チャシューをもろに乗せたチャーシュー丼。

結構量があります。

チャシュー丼


これで活力が出たか?

なんか食べ疲れ&ニンニク攻撃で撃沈ってところか。

濃厚好きにはいいかもです。


レストランふれあい~大森

横手市大森町の大森リゾート村内にあるレストランふれあい。

羽後カントリークラブの向いですね。

ここはグラウンド・ゴルフ場と大森野球場に挟まれ、主にこちらに来た方が利用するみたいです。

ふれあい外観

メニューはすべてリーズナブルですね。

ラーメンが400円でチャーシューメンが500円。

ふれあいメニュー


ここは大船に乗ったつもりでチャーシューメンを注文。

チャシューメン

メンマ

麺アップ


チャシュー

チャシューメン、周りでラーメン食べてる人の丼を見ても変わらないぞ!

どうやらラーメンとチャーシューメンの違いはチャーシューが2枚多いだけ!

100円アップでチャシュー2枚追加とは納得できない!

チャシューアップ

スープ

納得できないと言いながら完食。

昔懐かしいあっさり味の中華そば、美味しかったです。



こちらは相方が食べた横手焼きそば。

ソースが美味しかったとのこと。

やきぞば







グラウンド・ゴルフ場の上の芝桜。

芝桜

まだ咲いてなかったです。

芝桜アップ

歓迎

満開になればこの看板のようになるんだろうか?


福龍~横手

横手市の「福龍」

メロンパンで有名なフレンドールの近所。

1963年創業の老舗で2007年には「横手やきそば四天王」になったお店。

福龍外観

福龍暖簾


四天王POP


福龍メニュー3


福龍メニュー

福龍メニュー2


横手焼きそばの有名店、さて何を注文するか。

ラーメン同好会の会員としてここは意に反してラーメンを注文。

福龍ラーメン

メンマアップ

福龍チャシュー

鶏ガラ&魚介系の醤油スープ、コクがありますねぇ~、旨い。

ラーメンアップ

自家製麺はややちじれ細麺。

細いながらもコシがありモチモチして歯ごたえ良好。

細麺でこれぐらいコシのある麺は初めてですね。

福龍麺アップ

福龍スープ

丼のロゴが誇らしげ。



福龍楊枝

つま楊枝入れも遊び後ごろ満載。

ふたを閉じると楊枝入れが回転し横になります、よく考えたもんですね。


このラーメンは大盛り無料!

これで400円ですぞ!

コストパフォーマンスはMAXですね。

こんな価格でやっていけるんでしょうか?。

衝撃的なラーメンでした。


長右エ門~湯沢

湯沢市のだるま温泉敷地内?にある麺家 長右エ門 三代目。

長右エ門看板

長右エ門外観

なにやら建物のひさしを伸ばし、とってつけたような建物。

長右エ門入口

店名由来を見ると由緒ありそうな感じ。

長右エ門POP

牛ホル塩ラーメン「絆」って何との絆なんでしょうかね?、まさか牛じゃないでしょうね。

長右エ門POP3

長右エ門POP2

私もいろんなラーメンメニューを見てきましたが「デスソース入り」ってのは初めてですね。

世界最強のデスソースとは、こんなの注文する人いるんでしょうか?。

激辛POP

カウンター

メニュー2

メニュー1

オーダーは人気No1の辛味噌ラーメン(中辛)。

辛みそラーメン

辛みそアップ

煮卵

辛みそアップ2

辛みそ麺

チャシューアップ

辛みそスープ

スープ表面はピリッとくる辛さ、中はマイルドな味噌スープ、かき混ぜると程よいコクのあるスープで旨い。

誰か激辛味噌ラーメンを食べてみてください。

まずはデスソースなるものを体験ですね。


新月~浅舞

横手市平鹿町浅舞にある「麺屋 新月」。

新月外観

新月

新月メニュー2

新月メニュー3

新月メニュー4

新月メニュー1

新月みそ




限定の文字に魅かれて「新月の赤」をオーダー、午後1時頃⇒限定15食なのにまだあるとは?。

ついでに調子こいてチャシュー丼も注文。

新月の赤

新月チャシュー

新月ネギ

新月味玉

チャシュー2

新月麺

新月赤スープ

麺を食べる前にスープを一口、ぬるい!!!。

背脂たっぷりなんだけどこってりせず、久々のコッサリ。

辛そうに見えますが味はマイルド。

全体的にコクもあり美味しんだけど、如何せんスープがぬるすぎる!。

このラーメンは意識的にこうしてるのか、てなわけないよね。

これで熱々のスープだったら久々のヒットでしたが残念。


おまけのチャシュー丼

チャーシュー丼

これにラーメンスープをかけて食べたら超旨かったです。

会計時に値段を言われてビックリ、予測はしてましたが千円以上支払ったのは初めてでした。

そば処 水車~横手

今日は奥さん&娘&私の3人で横手かまくらに行ってみることにしました。

昼食は横手のラーメンかと思っていたところ、女性2名の先制パンチで蕎麦かうどんがいいとのことで、逆らえず蕎麦屋に行くことにしました。

さて何処に行くか、ネット検索で娘指定の横手市の「そば処 水車」となりました。

水車外観

ここはしばらくぶりですね。

水車入口

水車店内2

水車酒

水車店内

水車メニュー

ミニにしては値段が高いようなきがしますね、どんなのでしょう?

水車メニュー2



待ってる間にこのパンフレットをみてましたが、蕎麦にもいろいろあるんですねぇ~。

そばPOP

そばマップ

そばPOP2

そばって健康にいいようですね。

そばPOP3



天ぷらそば。

天婦羅蕎麦

稲庭天ざるうどん。

稲庭天ざる

えびざる。

えびざる

このえび天は身がギッシリのプリプリで美味しかったです。

えび天

ざる麺

ラーメン党の私には味がよくわかりませんでしたが、細切りでもコシがあり食べやすかったです。

昼食後は横手かまくらにGOです、この模様については明日アップします。

めん菜~湯沢

湯沢市イオンタウン近くの「めん菜」。

自家製麺、手作りの専門店とのことで期待大。

めん菜看板

めん彩外観

めん菜カウンター

カウンターの方のみそラーメンを見たら野菜てんこ盛り、二郎系か。

めん菜メニュー

めん菜メニュー2

激辛みそも旨そうだし、辛口ネギみそ納豆ってのも面白うそう。

がしかしやはり坦々麺をオーダー。


まずはお通し?の「いぶりがっこ」(漬物たくあんの燻製)、旨かった!

いぶりがっこ

坦々麺、見た目辛そう。

坦々麺

坦々ニラ

坦々ニラ2

麺は自家製ちじれ細麺。

坦々麺アップ

坦々スープ

あっさり味噌の上に辛味スープがのっかてるって感じ、ちょっと異色の坦々麺ですね。

この麺は煮干だし中華そば系に合うと思うんですが、でも美味しかったです。




千里十里~湯沢

風邪気味をおして湯沢に出張、湯沢駅近くの繁華街?にある「千里十里」で昼食。

これ何て読むんだろ、せんりじゅうりかと思いきや「ちりとり」です、ごろ合わせがいいですね、こんなの大好き!

千里十里外観

3台置ける駐車場で1台空きがありラッキー。

千里十里入口

千里十里メニュー

メニューの上に店主らしき方と陳 健一(たぶん)の写真がある、ここで修業でもしたんだろうか。

陳 健一

テーブル席に座ったらすかさず往年のお嬢様がお茶を運んでくださりよく見たら店専用の湯呑だよ!

これ見るとここってそば処かな。

茶碗3

千里十里メニュー2

新メニュー辛みそラーメンのPOPに魅かれてこれをオーダー。

店内


そして待ってる間、テレビを見てたらマーシャル諸島共和国では日本の「チャッポロ」が大流行とのこと。

これは袋入りのインスタントラーメンですが、駄洒落大好きな私はチャッポロって聞いただけで吹き出しましたよ。

作り方は袋を開けてその中にお湯を注ぎ、さらにケチャップやらタバスコを豪快に入れて食べてます。

テレビの画像は袋にタバスコを入れてるところです。

マーシャル諸島


待つこと10分弱で着丼、いい香りがします。

辛味噌らーめん

辛味噌具1

辛味噌具2


このやや細ちじれ麺、旨い!、普通細麺だとノビ気味できますが、しっかりと腰がありモチモチして最高!

こういう麺は久しぶりでした。

辛味噌麺

辛味噌スープ

このスープを最初に飲んだ時はちょっとしょっぱいかなと感じましたが食べて行くうちにマイルドになり、辛さの中に甘さがありコクもありいい味出してました。

全体のボリュームもありこれで680円とはコストパフォーマンスMAXレベルです、ここはお勧めです。


精養軒~羽後町

羽後町といっても湯沢市のすぐ近くにある精養軒。

四川味噌ラーメンが噂のところ、こちらは雪がありますねぇ~、でも道路は雨が降ったせいか溶けて快適。

看板2

外観

POP1

POP2

ランチPOP

2時頃なのにお客さんが結構入ってます、私はカウンターに着席、ここって夜は酒場になるのかな?

カウンター

カウンターの上にはマイボトルのお酒がずらり、精養軒の芋焼酎か。

焼酎

ボトルの隣には漫画本がずらり、「エッチなお仕事の裏側sp」って何じゃこりゃって思いながら写真をいろいろ撮ってたら見るの忘れました(残念)。

漫画本

タンタンメンにするか四川味噌ラーメンにするか悩みましたがお勧めの四川味噌ラーメンをオーダー。

四川味噌

スープアップ

スープは辛味が効いてて旨い、ややしょっぱめですがマイルド系なんで食べやすいです。

残念なのが麺がノビスギぃ~てる、これがバッチリだと一押しなんですが。

麺アップ

ザーサイ

このザーサイは超ビック!、食べごたえあって美味しかったです。

ザーサイアップ

地元未着型らしく座敷ではお酒のんでるおっさんグループがいましたね、なにしゃべってるか秋田育ちの私にもわからない言葉でした。

将~湯沢

湯沢市にある「将」、ラーメン屋っていうか定食やっていうか、町の食堂ですね。

湯沢インターを降りて稲川方面に2キロ位行ったところにあります。

将 外観

今日の湯沢は雪雪雪のオンパレード、秋田市は積雪ゼロ状態ですが湯沢は別世界!、同じ秋田県なのにここは外国か?ってな感じ(失礼)。

将 店内

あけび味噌ってどんなんでしょ、ちと興味あり。

塩辛の瓶詰なんて売ってるぞ、ちと高いね、どこで作ってるんでしょ。

将メニューPOP

将メニューPOP2

1時半頃入店したらお客さんは誰もおらず店主と一騎打ち、タバイ!いまさらひきかえれず厨房上にあるメニューを確認。

将 厨房

ここはみそ坦々メンをオーダー、どうでもいいことですがみそが平仮名でメンがカタカタってどういう意味なんでしょ?

私 「みそ坦々メンをお願いします」

店主 「辛いけどいいかい?」

私 「オッケーです」

みそ坦々メン

挽肉がたっぷり、青梗菜もあるぞ、白菜がいっぱい、そしてキムチがたっぷり入ってる、坦々メンにキムチが入ってるのは初めて、さてどんな味がするか。

坦々肉

辛さがジワジワ伝わってくる!

私 「ゲホゲホ」と咳き込む」

店主 「辛いだろ」

私 「辛いですね、キムチも入ってるんですね」

店主 「辛味は赤唐辛子にニンニクを混ぜてそのほかに〇〇や〇〇を混ぜてるんだよ」

店主 「この辛味は気管支に入ると耐えられないんだよ」

※この辛さに耐えられるかって挑戦的

私 「辛いのが好きなんで大丈夫です」

と見栄を張りながらの応酬

さらに、酢を探しに手を伸ばしたところ

店主 こちらを観察してるような視線で「何を探してんの?」

私 「酢です」 

店主 「そこの隣の瓶に入ってるよ」

店主と一対一のバトルって感じでした。

麺アップ

ここの坦々メンは辛さバッチリで挽肉のうまみも出てて美味しかったです、辛いもの好きにはお勧めです。

しかしながら店主とバトルしながらラーメンを食べるなんて思いもよらなかった展開で刺激的でした。


ラーメン金龍~横手

昨日夜の風呂上がりに腰に違和感、腰痛発生、やばい、朝起きたらやや良くなったけど腰痛状態は変わらずで痛み止めをゴクリ。

県南出張で昼時になったら効き目がでてきたようで調子こいてラーメン屋にGO、いいとこありました。

金龍外観

横手警察署の近くのラーメン金龍、読者が選んだあきたのラーメン100選だそうです、なんの読者でしょう?。

本日おすすめ

金龍店内

アットホーム的な店内、レジの後ろが厨房です。

主人らしき方が一生懸命作って奥さんらしき方が配膳してます、奥さんらしき方は接客もよく好印象でした。

金龍厨房

金龍すすめ

金龍メニュー

金龍メニュー2

おすすめメニューもいいですがここは金龍って名がついてる金龍ラーメンをオーダー。

金龍ラーメン

金龍ラーメンの由来ってなんでしょう?、ラーメンに卵焼きが入ってるのは珍しいですね。

具アップ

たまご

金龍チャシュー

コーンをすくってるオタマ(?)、これいいですね、お店の心遣いが伝わってきます。

コーン

麺はオーソドックスな中太ちじれ麺、この味噌スープにあってます。

金龍麺

金龍丼

ノスタルジックな雰囲気の店内、ラーメンの味も奇をてらわず味噌ラーメンの王道、昔からのファンがいっぱいいるんじゃないでしょうか。

おばさんの接客もいいし安心して入れるお店です、こういうお店は末永く頑張ってほしいですね。


幸~横手

横手市 市役所近くのラーメン幸

幸外観

閉店間際に入ったせいか店内は2~3人しかいません。

幸店内

幸メニュー

調味料入れがマニアック

幸調味料



タンタン麺大好きな私は迷わずちゃんぽん風黒ごま坦々をオーダー。

黒ごま坦々

野菜具がたっぷり、坦々というより野菜ラーメンって感じ、これって黒ごま坦々風チャンポンかなぁ~、どうでもいいっか。

坦々具アップ3

坦々具アップ

坦々具アップ2

坦々麺アップ

坦々スープ

白ごまはいっぱい入ってましたが黒胡麻は何処に?底に沈んでるみたい、坦々っていうより野菜たっぷりラーメンですね。

量は結構ありますが味はちょっとしょっぱ目、ご飯があればいいかもです。

2時半で終了ですが2時20分ごろから暖簾を下ろして店内を片づけはじめ、私はというとまだ半分も食べてなく焦って食べ終わりました、ラーメンは美味しかったですがちょっと???でした。


ラーメン仔熊~湯沢

先週のお話、シゲさんと湯沢に行った時に新規開拓です。

ナビでセットして向かいましたがたどり着けず、携帯地図情報でようやく到着でした。

仔熊外観

仔熊暖簾

店内に入ったら熊にでも荒らされた状態(失礼)、よほど忙しかったんでしょうね。

仔熊厨房

壁には真鯛の魚拓が、デカい!

仔熊魚拓

仔熊メニュー


隣のテーブルに座って定食を食べてた4人組に女将さんが

「ご飯足りなかったら言ってよ!、後で帰ってから足りなかったって言っても困るから遠慮しないで言って」って甲高いトーンで強制アピールしてました、ちょっとビビりましたよ。




私は辛子味噌ラーメンをオーダー。

仔熊辛し味噌

ノーマルでこんなんです、もやしてんこ盛り。

辛し味噌横

味噌チャーシュー

味噌ネギ

味噌ネギ2

味噌わかめ

味噌丼

昔ながらの解説不要の味噌ラーメン、最近いろんなラーメンが出没してますがオーソドックスなのが飽きが来なくていいかもです、これで税込680円とは超良心的。



こちらはシゲさんオーダーのタンメンです、味は不明。

仔熊タンメン

仔熊タンメン具2

タンメン具

野菜具たっぷりのタンメン、こりゃまた630円とはビックリ、ここは夫婦でやってらっしゃるようですが、ほとんど女将さんが切り盛りしてるようでした、頑張ってください。

4代目 芹澤~横手

横手市役所近くにある「四代目 芹澤」、以前違う名前でやってたような気がします。
市役所駐車場に向かえっ側になりますが、土日は駐車場が無料開放になりますんで助かります。

芹澤外観

四代目ってありますがほんとに四代続いてるんでしょうか?

芹澤入口

店内は小奇麗です。

芹澤店内

芹澤カウンター

芹澤メニュー1

芹澤メニュー2

このお店おすすめのとかし味噌をオーダー。

とかし味噌ラーメン

スープの脇に味噌がドバっとのってる!、もやしが直立不動ってとこでしょうか、これでノーマルです。

とかし味噌横

とかし味噌チャシュー

とかし味噌メンマ

とかし味噌麺

味噌アップ

味噌を溶かしながら食べます。

とかし味噌3

とかし味噌スープ1

上が味噌を溶かす前のスープ、下が溶かした後のスープ。

とかし味噌スープ2

とかし味噌丼

今流行りの魚粉系のなかで孤軍奮闘している味噌ラーメンってとこか、話題性には飛んでますがいざ味噌を溶かしこんで食べると一般的な味噌ラーメンです、ボリュームはありますね、久々の味噌で美味しかったです。


麺屋 史~湯沢

湯沢市の警察署裏にこみっとある「麺屋 史」です。
ここは住宅街のいっかくにあってナビで行くか教えてもらうかしないと到着は無理ですね。

史 外観
カウンターに座ると正面にまぜそばのPOPが貼ってありアピール度満点でしたが初来店の私はやはりオーソドックスな中華そばかな。
史 まぜそばメニュー

史 POP
このPOPを見てると店主の思いが伝わってきますね、いい仕事してますね。
史 POP2

史 メニュー
極辛LV1~3(大人の方のみ)にチャレンジしたかったんですが、ここは控えめに。
史 トッピング
オーダーは中華そば&あぶり肉ご飯、写真では量が少なそうに見えるんですが、この丼は底が深くて結構な量があります。
史 中華そば

史 チャーシュー

史 スープアップ
麺はモチモチ、スープは鶏だしのあっさり味、麺はもう少し細くてもいいような感じ、でもスープは絶品。
史 麺
勢いであぶり肉ご飯をオーダーしましたがミスったかなって感じです、肉の味が良くわかりませんでした。
あぶり肉ご飯

史 丼
久々にやちゃいました、あまりの旨さにスープも飲み干し!、ここの中華そばは美味しいぞ!

神蔵~横手

横手市内にある神蔵

神蔵外観

カボチャ2

神蔵厨房

神蔵メニュー1

神蔵メニュー2


オーダーはチャンポンラーメン、選んだ理由はメニューの一番上にあったから(単純だねぇ~)
みそチャンポン
量は結構ありますね。
チャンポンスープ
メニューには太麺か細麺を選んでくださいって書いてますが、何も聞かれませんでした。
その結果、きたのは太ちじれ麺でした、黙ってれば太麺がくるシステムなのかな。
チャンポン麺アップ

チャンポン具アップ

具が沢山入ってました、チャンポンにさやえんどう(たぶん)が入ってくるなんて初めてです、美味しかったです。
普通盛りでしたが量があり腹いっぱいになりました、コストパフォーマンスはOKです、肝心のお味は辛味を強くすればインパクトがあっていいと思いますが。

やまがみ~湯沢

湯沢市の「やまがみ」らあめんです。
駐車場を探すがめんどうなんで近くにある北都銀行に置かせていただきました。店構えは今風でこだわりを感じますね。
外観

メニュー

POP

券売機
中に入ると券売機で食券購入です、このシステムは最近増えてますね。
厨房
厨房では店主らしき方が一人で頑張ってます。
やまがみラーメン
私はやまがみラーメンをオーダー、スープは豚骨ベースで魚粉をたっぷりつかってるようです。
この味は、角館花うさぎ、秋田市の萬亀、本荘市の松韻ににてますね、コクがあってなかなか旨い!
自家製麺 佐藤麺

麺アップ
中太麺でモチモチ、スープが絡んで美味しい。



みそラーメン
こちらはみそラーメン、スープをちょこっといただきましたがやまがみラーメンのインパクトが強すぎて今一でした。ちなみにこちらの麺は太麺です。


コクニボラーメン
コクニボらあめん、あっさりしてますがコクがある、いい感じです。
こちらの麺は平太麺、スープの種類によって麺を使い分けてるとはかなり拘ってますね。

イっちょやったろ会
「秋田RAMEN イっちょやったろ会」ですね、初めて知りました。
メンバーのなかに角館の花うさぎ、秋田市の萬亀が入ってましたね、方向性が同じ仲間が集まっているのかな。

「やまがみ」 ⇒ なかなかいい味出してました。

ラーメン鈴弥~湯沢

湯沢市インター近くの鈴弥です、ここは8年ぶりくらいですね。
一時期閉店し経営者が変わってまた始めたらしいです、店名は変わってませんが。
大分いってないので最初の味は忘れましたね、いまは醤油、味噌、塩がありますが最初は醤油しかなかったような、記憶が定かではありません。

鈴弥外観

スヌーピーケース


鈴弥醤油ラーメン
入店し座った場所が間違いでした、カウンターのど真ん中で店員さんが5人ほどいて皆さんに見つめられて写真をあまり撮ることができませんでした。
オーダーは醤油ラーメン大盛りとしました、注意書きPOPにスープ表面が油膜で覆われていて仲が熱々なんで気を付けてくださいってありましたがそれほどでもありませんでしたね、長寿軒のようなスープを思い浮かべてたんですがちがいました、でも適度な熱さで食べやすかったです。


オムライス
見た目チャシューがでかい!って思ってつまんだら薄い!、でも食べやすい!

いかあぶり辛味噌丼
麺は中太でモチモチしていい感じ、スープはちとしょっぱい、これじゃ血圧に影響するぞって感じかな、最近こんなのばっか食べてるんでヤバいかもです。

新川栄太郎~横手

今日は横手市にある「新川栄太郎」に行ってみました。
名前みたらどんな店だろうって思いますよね、昼はラーメン屋で夜は居酒屋です、会社の横手出身者がこの界隈(横手市役所周辺)がやたら詳しくガイドにもってこいの方です。
ここは夜もリーズナブルで気軽に行けるところみたいです。


新川栄太郎


新川栄太郎入口
ほめられてのびる店」ってのがいいですねぇ~、最初っからこんなアピールだと何があっても怒る気がなくなるかも。


新川製麺機
入口をはいって右手に製麺機が」あります。


新川厨房
厨房はこんな感じで居酒屋ですね。


新川メニュー



新川メニュー2

新川タッチパネル
タッチパネルってのが居酒屋風か、でも回転ずしではタッチパネルがありますが居酒屋では初めて体験です。
土地柄か「タクシーか代行を呼ぶ」ってのが親切です。


新川POP
ポスターの下の方は秋田美人だそうです?。


新川桃豚
オーダーは桃豚スタミナラーメンです。

新川桃豚ニンニク
半熟卵のとなりにあるある白いネバネバ物体は何かと思ったらニンニクでした。


新川桃豚アップ

新川桃豚麺
麺は中太ストレートに近くモチモチコシがあり、具は桃豚が結構入って食べごたえがあります、スープは豚骨系か?よくわからずでした。
スタミナとは、桃豚&ニンニク&半熟卵かな、美味しかったです。


新川納豚麺
期間限定で「納豚麺」なるものもありました、次回機会があったらチャレンジです。

麺彩ふみのや~横手

今日(この時間だと昨日か)は横手市のふみのやに初訪問です。
流石、横手市の雪は半端じゃない位あります。

ふみのや看板


ふみのや玄関


ふみのやメニュー
ここは味噌味の専門みたいです、横手はいろんなラーメン店が密集してますんで何かしら特長を出さないと生き残れないと思います。
麺は4種類から選べますってありますが、注文時に何も聞かれませんでしたね、結果きたのは中太麺でした。
何も言わない場合は自動的に中太麺になるシステムなのか、やはり定員さんが聞くべきでわって思いますが。


ふみのやメニュー2



極味噌ラーメン
特選極味噌ラーメンをオーダー、濃厚な味噌味ですがお品書き通りクリーミーな味です、ノーマルでは麺の量が少ないですね。


ラーメンアップ


麺
麺はコシがありスープに絡み合って旨かったです。


サイン
玄関の横にサイン色紙が置かれていましたが?です、従業員の方に聞いたら3年位前に来店(当時は別のお店)した松岡なんとかさんって言ってましたが、トキオの松岡かテニスの松岡か定かではありません。
芸能人のサインもパッと見て誰かわからなければ無意味と思いますがどうなんでしょ。


ジャスコ前道路
帰りに横手ジャスコ(旧サティー)の裏通りを通りましたがこんな状態で大変でした。



トラガス~湯沢

今日の天候は猛吹雪で最悪、秋田自動車道は協和インターから北上西インターまで通行止め。
がしかしどうしても湯沢に行かなければならず、国道13号が渋滞予想し、思い切って出羽グリーンロードでGOです。
しかし、秋田市仁井田に新規オープンとなった桜木屋(ラーメン屋)がが気になりちらっと見にいってみたところ、11時頃なのに既に駐車場は満杯、流石に人気がありますねぇ~、ここはぐっとこらえて来週あたりに行ってみることにしました。
まずは湯沢までグリーンロード直行です。

桜木屋


湯沢千石町

湯沢市内
出羽グリーンロードを無事通って湯沢市内に到着です、秋田市と比較にならないほど雪が多いです。

トラガス外観
トラガス外観2
トラガス入口
「トラガス」に到着、ここのお店は向かえっ側の水道屋さん?の倉庫を改造したとかで暖簾も出てなければ看板もありません、入口が右側で出口が左側です。


トラガス食券2
入ってすぐ食券販売機があり私は辛し味噌ラーメンをオーダーです。

トラガス店内
ここはカウンター7席のみで店主が一人でやってるようです、ちなみに麺うちからすべて自分でやってるようですね。
カウンター内で調理中の店主はラーメン店にはどう見てもに?の格好&風貌です、どうやらパンク系が好みか店内ミュージックもパンク系です。

トラガストイレ
待ってる間にトイレに行ったら壁紙がこんな感じで異次元感覚です、これも店主のこだわりか。

トラガス1
「辛し味噌ラーメン」をオーダーしましたが、店主から辛さは普通か中辛か激辛か聞かれて「中辛」をお願い。
待つこと10分、出てきたのがこれ。

トラガス角煮

トラガス器
麺は自家製丸太ちじれ麺、スープは背脂たっぷりのこってり、角煮はとろとろですがちょっと脂身が多かったですね。
もやしもちょっと多すぎてシャキシャキ感はありますが麺の旨みを邪魔してるような、ちょっと残念でした。
全体的には中辛ですがまろやかな辛味でスープはほとんど飲み干しました、こってりながら上品な旨さでした。


湯沢吹雪
帰りも高速は通行止めなんで横手から出羽グリーンロードを通って帰ってきましたが横手は大雪で最悪ですね、湯沢より積雪が多いです。
無事に秋田市に到着でなによりでした。







ラーメン直太郎~湯沢

湯沢に行ったついでに久しぶりに「ラーメン直太郎」にいってみました。

ラーメン屋の敷地内に野菜の無人販売所があるとは一風変わってますね。

直太郎外観

直太郎メニュー

店内の壁に貼られてるメニューPOP、手書きってのがこってます。

クラッシックカーのカレンダーがよかっです、私も欲しいぃ~!

ダイナマイト辛辛めん

オーダーはダイナマイト辛・辛めん中辛あっさり味噌味です。

見た目は真っ赤なスープで辛そうですがマイルドな辛さでバッチリです。

麺はやや太くスープが絡み合って美味しいです。

ランチタイムはライスが無料でつくので最後にスープに入れて食べるのもいいかもです。

ダイナマイトラーラーめん大盛

こちらは以前食べた大盛りです、これはこってりかな?。

長寿軒~湯沢

今日は湯沢出張時によった長寿軒です。
外観は何やら洋風な感じ、しかしラーメン屋さんです。
ここのラーメンはちょっと癖になりそうな味で年に2~3回は食べます。

長寿軒玄関

麺は中細のストレート、厚めのチャーシューが2枚でけっこう量がありました。

スープ上面に脂がこってりのりまくりで湯気はたってませんが中は熱々です、味はあっさりですがちょっとしょっぱめ。

これを今はやりのラーメン用語でいうと「こっさり」っていうんでしょうか?

こんなスープ味は他ではないですね、湯沢のソウルフードかな。

やみつきになるかどうか意見の分かれるところですね(湯沢市民には大好評です)


長寿軒ラーメン

帰りの通りで信号待ちしてたら「オランダ焼」の張り紙が、特製ですよ特製!

以前テレビでやってた高市青果のではないのかな、こんど来たときにぜひ食べてみようと思います。

りんごの文字の下に「地方発送」ってあるけど地方ってどこ?、ちょっと突っ込みたくなりますね。


オランダ焼


湯沢サンエー

ここは湯沢駅から国道を横断し東側にむかっているサンロード商店街らしいです、残念ながらのシャッター街です。
この通りにも長寿軒がありましたよ、やっぱ長寿軒は絶大な人気があるんですね。

私が興味をもったのは今はなき協働社の看板です、

むかしむかしドンジャラスが学生時代、秋田市内では木内とならび人気のあったデパート?ですよ。

キャッチフレーズが「靴と傘なら協働社」ですよ、2階には民放ラジオのサテライトスタジオがあり人気がありました。

だいぶ昔に店じまいしてしまいましたが、まだこんなところに看板が残っているとはおじさんは感激しまくりでした。

プロフィール

ドンジャラス

Author:ドンジャラス
秋田県在住 
A型超ポジティブ人間
年とともに走りから
食系にワープ
しつつあります
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
G線カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR